チニングってシーズンINしてるってホンマ?

毎週毎週休みの日に雨ふるのやめてもらっていいですか?

関西ってもう梅雨入りしたんですかね?

この時期は潮と天候が嚙み合わずモンモンとするワイです、こんちは。

ストリートファイター6皆さんやってますかね?ワイはやってないのでやってる人おったら感想教えて。

まあ梅雨なんすかね、毎日雨やらなんやらで、バチ抜けシーバスもイマイチっぽいんでチニング、行っちゃいましょうか。

Contents

浜、いつまで釣りできるんやろ

さて、チニングといえばいつもの今津にあるいつもの浜っす。

ここもだいぶと工事がすすんでおり、いつになるかわからんけど立ち入り禁止を経て、最終的には埋め立てられるんでフィールド自体なくなるのは確定なんすよね。

ここダメなったらどこ行こうか、淀川か武庫川しかねえかなあ。

個人的にこういった浜の方が水深ないんでアタリややり取りがよりダイレクトなんで好きなんすよね。

さて、とりあえず居てるかどうか確認しましょ。

ガルプと小さ目のオフセットで調査開始や。

ボラおらんやん

フィールドに出て確認すべきはボラ、これやね。

ボラが飛んでない時は釣れない、個人的GN-X(ジンクス)です。

あ、全然ボラ飛んでねえわ、よくないねえ。

水路をねっちょり探すけどアタリなし。

キワも丁寧にこすったけどダメだなあ。

水路を経て浜に降りたった天使。

雨の影響か、波打ち際には草やらなんやらのごみがボチボチありましたわ。

ちょっとわかりづらいけど濁りはここにしてはきつめ。

やっぱり雨降って時間差で濁ってくるわね。

もしくは干潮かかわってるのやろうか?

石田畳で一匹はやりますよ

水門近くの石畳で手前をねっちょり攻めて何とか一匹。

大きさは30ないほどかな、ドラグも出ねえや。

ひれ黒いんやけど、マチヌなんかな、かっこいいよね。

石畳でかかったんやけど、タモ臭くなるのいやで浜まで引っ張ってずり上げしましたわ。

その後、根掛かりを回収したらワームがすっぽ抜け。

これどういう原理でワームだけなくなるんやろ?

狭い隙間にかかって針だけ通れて、ワームはダメだった感じ?

ただし、ワーム テメーはダメだ

ガルプもええけど、マルキューのパワーイソメもええで。

チニングにはパワーミニイソメの太か極太がよろしいです。

やらたとソフトなんで食い込みは抜群によろしいっすね、ここ一番の食わせにどうぞ。

ソフトな分、針もちは壊滅的にアウトなんで、ほぼ使い捨てやと思ってもらったらええっす。

2匹目を狙うも、全然反応なし。

やっぱりボラは飛んでおりまへん。

根掛かりでリーダー毎やられました。

げっそりしながら再結束、泣きそうやで。

居てるのか?居てないのか?

よし、とりあえずボウズは回避できたんで、クレイジーフラッパーで大き目個体を狙おう。

前回ガシラ釣ったフラッパーさんよろしくお願いします。

石畳から再度浜に降りたった天使。

どうにもアタリらしきはあるんやけど、確信がもてねえ。

そうこうしているうちに、ド遠投した先でシンカーをデコピンしたようなアタリ。

ガッツリ竿煽ってフッキングOK。

ド遠投先なんでドラグ出されながらもボチボチ寄せてきます。

シメシメ、40cmほどの個体やぞ。

ちょうど波打ち際でこのままずり上げしようとしたらフックアウト。

まじか!と思いつつ手間に横たわった魚体を右手(左手は竿持ってるからね)で背びれもって持ち上げようとしたら、触った瞬間ゲキ暴れされてそのままお帰りなさりました。

ちょうどクレイジーフラッパーのお尻が裂けてきたんで、ちょっと切り詰めてフック差し直しした一投目の出来事でした。

ちょっとだけやけどシルエットが小さくなったのがよかったのか?

ランディングまで至りませんでしたが、でかい個体も居てる、食ってくるってことでテンションあがりますなあ。

アタリはあるっぽい

水門の注意事項を見ながら浜を執念深く探るワイ。

足元に鬼ころしのパッケージ。

そうか日本盛りもここらへんやったね。

ここらへんで一番近いのって大関やったっけ。

ふふ、ワイを酔わせてどないするんや?

遠投した先、具体的にはブレイクより先でどうにもアタリっぽい反応あるんすよね。

確信はもてないんで竿先に重みを感じた時にはおっかなびっくりで合わせるんで毎度すっぽぬけ。

明確なカツーンってあたりの時はええんやけど、どうにもラインがたるんだ時に食ってきてて、ちょうど糸張ったタイミングで口から放してるっぽいんよね。

あと、この日は風がボチボチありましてな。

最近日中暑いですやん、ワイジャージできてましてん。

風吹いたら生地とおして肌にダイレクトアタックで寒い寒い。

でもウインドブレーカー着ると暑くて蒸すしなあ。

ホンマにこの時期の季節はしんどいっすな。

ボチボチしんどくなってきたので納竿。

最後にクレイジーフラッパー確認したら片腕もげてた、火の鳥鳳凰編やん。

オフセット裏表逆やんっておもうっしょ、これお尻裂けて逆挿ししてるの。

このクレイジーフラッパーさんこの日おろしたての新品でここまでやられるくらいにはアタリあったんすよ。

それでも釣りあげられなかったのは、ひとえにワイの腕前のせいでございます。

総括

・チニングシーズンインしてるかね
・居てる前提でやろう、ボーっと釣ってたらダメね
・意外と夜中寒いかも

(Visited 555 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする