花金はボウズで土曜は二匹

どうも、ワイです。

晩がめっきり寒くなってからは、太刀魚釣れる時と釣れねえ時完全に別れる感じになってきましたな。

あいも変わらず仕事のように釣りに行ったんですわ。

金曜は仕事終わりで天保山

仕事終わってから20時スタートで天保山でボウズっちまいましたわ。

餌釣りの人もサバのアタリがちょっとあるくらいでしたな。

ワイはVJ、セットアッパーを中心に攻めるも不発。

途中からワンダーやらスイッチヒッター使ったりシーバス狙いに変えたけどダメね。

アタリもねえのでほんと辛いっす。

切り替えて翌日深江浜

ちゅうわけでな、土曜休みやったしちょっくら深江浜に遠出や。

昼めし食ってからゆっくり出発で現地着16:00くらいかな。

係留船が多くて場所がねえ

花市場裏いったんやけど、係留しとる船が多くて入れる場所が少なかったんすよ。

ちょうど係留しているロープ付近が空いてたんで、そこにアジャストしたったわけよ。

とりあえず底から攻めるも

日中はセオリー通り底狙いで鉄板バイブで攻めるもアタリナス。

周りのサビキメンバー達もアタリなさそうやね。

そうこうしてるうちに日は落ちるわけで。

夕マヅメは不発

日が落ちる釣り場、うーん、絵になるなあ。

ってわけでワインドでちょっくら数釣ったろ思ったけど全くの不発。

なんとこの日は日没付近が潮どまりの時間やったんやね、ぎゃふん。

それでもタチウオを信じてシャクるピュアアングラーなワイやで。

夜中にワインド危機一発

ってわけで、もうルアー変えるのめんどくて意地でワインドを通す事にしたワイ、男らしいね。

ちょうど寒いし激しいシャクりで体温はちょうどいい感じに危険な領域に突入するわけよ。

で、日が落ちてから1hほど経った19時頃に底付近でバッチリはっきりしたアタリですわ。

右にちょろっと見えるピンクのスパーク85でこれですわ。

このピンクのスパークに青のルミコを仕込むと妙にアタリがでるんよな、参考にしてくれ。

そしてサバ祭り

んで、なぜかここらでサバ祭りが発生。

もう何してもサバ・サバ・サバ。

VJなんて小休止のために足元に垂らしてたら勝手に食ってきたりするんだぜ?わけわかんねえ。

ちょうどこの日、ルアー以外にサンマ餌で浮き釣りも並行してやってたんで、エサ取り激しすぎてワロタよ。

サンマを短冊に切ったやつを餌にしててんけど、投入→即サバでエサがマッハで消費。

サンマ餌持ちええんで10切れもあったら十分やろおもたら8切れくらいサバに持ってかれたわい。

あ、サイズ的に30cmもなかったんでオールリリースしたけど、餌とVJで合わせて5,6くらい釣れれたかな。

ラストのサンマでタチウオ追加

その後20:30くらいにはサバ祭りも落ち着いて、ゆっくり浮きを眺める余裕もでてくるわけで。

いうてもその状況で餌がラスト2切れなんで状況は厳しいっす。

あんまりアタリもねえのでスマホ見てたら、ウキが消えてるわけっすわ。

ウキってよそ見したたらアタリがあったりすることよくあるよね?

思いっきり合わすと、がっちりした重みを感じるもすっぽ抜け、餌もなくなっとる。

しめしめ、太刀魚回ってきてるな。

すぐにラストのサンマをつけて投入、即ウキが沈むんよ。

浮きが沈んで10数えて糸ふけとって思いっきりアオるけど、なんの抵抗もなくスカる。

よく見るとウキが手前に向かって動いてるんよね。

あー、隣の人と絡んでもうたか、って思ったら違う違う、隣の人そもそもまだ餌付けしとるやん!

今度は重み感じるまでライン回収して合わせると、明らかにサバとは違う重みを感じる!

ってわけで上がってきたタチウオさん。

餌釣り自体ほんと久しぶりだったんで、いろいろと手間取っちまいましたわ。

とりあえず釣れて万々歳ですわ。

餌はこいつが呑み込んじまったんで、ここで納竿となりましたさ。

灘浜温泉に寄り道

海に釣りいったら、潮で顔がべたべたするんで、どうしても風呂入って帰りたいやん?

今日は神戸方面やったんで、六甲道にある灘浜温泉に立ち寄りや。

ここは駐車場あるけどキャパすくねえんで注意やで。

風呂の内容は、全体的にぬるめの風呂でゆっくりできるで。

温泉は色はついてて臭いはあるけどぬめりはないかな?

ここは源泉かなんかしらんが、結構冷たい(水風呂よりは温度は上)湯舟が一つあるんで、そこでクールダウンできるんで、あったかい風呂と冷たい風呂でローテーションしたら長いこと入れるで。

雰囲気のわりに結構若い人らも来てたりして繁盛してましたな。

神戸方面に行く機会があったらオススメやで。

総括

・夕マヅメ信仰をぼちぼちやめよう。

・餌釣りは餌の量がむずい、エサ取りいなけりゃ少なくてええんやけどねえ。

・タチウオは完全に秋のフィーバーは終わった。一匹ずつ拾っていく感じていきましょう。

・サバはクソ野郎。

(Visited 16 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする