海でベイトリールってどないよ 餌釣り編

概要

えー、割と海でベイトリールってあんまり市民権無いっすよね。

ブラックバスやと割とメジャーやのに、海の釣りであんまりにも使われてなさすぎるのが不自然に感じたんすよ。

こいつは何か裏があるだろうと考えたワイは、2020年の一年間、スピニングを封印して、ベイトリールオンリーで釣りを続けたわけ。
※人に迷惑かけるとアレやから、年初の管理釣り場だけスピニング使ったわ。

で、あれやこれややってみてどうやったかって話っすね。

サビキ

ああ、画像ねえわ、びっくり。

まあサビキなんぞ糸巻けたらなんでもいけるんすけどね。

実際やってみてやけど、やっぱりベイトリールが故のメリットがあんましないかな。

しいて言えば、巻き上げパワーがあるんで、アジサバが2連3連で着いた時、ゴリゴリ巻き上げれるのが気持ちええですかね。

あと、ベイトの竿って磯竿に比べて、短くて硬い竿がおおいんよね。

そこらへん、対象となる魚とのアンマッチなんで、掛かってもバレるのが多いっすね。

投げ釣り(ライトより)

投げ釣りは投げ釣りで割と使う錘の重さがさまざまなんすよね。

カテゴリーとしておおむね1oz(30g)以下をライトよりって定義するで。

ようは軽めのアレで小物釣りしようやって感じのやつやね、キスとか釣りたいね。

これはね、ベイトリールあんまり悪くないっすよね。

最近のベイトリールは適正に使えば、結構バックラッシュ対策されていて、そこまでライントラブルにやっきになる必要もねえと思いますわ。

で、糸がスピニングと違って直線になっとりますんで、感度がよろしいわけですな。

ということは、キスなどのサビきながら釣る投げ釣りだと、この感度が活きてくるんすよね。

そこらへんもあって、スピニングとはライントラブルと感度のトレードオフの関係になってくるわけですな。

スピニングの完全な下位互換ではないのと考えますので、機会があれば一度試してみても面白いのではないっすかね。

個人的には人にオススメできる範囲やと思います。

投げ釣り(ヘビィより)

所謂ごっつい天秤を扱うあれっすわ。

えー、まずタックルの関係から、あまりに本格的な天秤って使えないんすよ。

竿にもよるけど、6~8号あたりが上限になるわけ、それ以上やと対応している竿が無いんよ。

そらバス釣り用のビックベイトとか投げる、エクストラヘビーの竿やったらもうちょい上の重さ投げれると思うけど、長さが足りねえよ。

ちゅうわけで、シーバストッドの上限が投げ釣りの上限となってしまうわけっすね。

で、投げ釣りな、ベイトリールあんまりよくないな。

そもそも上で書いた通り、重さが制限される=流れの緩いことろしかできないってポイント制限が付きまとうわけっすわ。

で、投げるわけっすけど、やっぱりスピニングほど飛距離でないんすよね、投げ釣りでこれは辛いっす。

ベイトリール故に巻き上げはパワフルにゴリゴリ巻けるんで、ラインのテンション張りなおしや餌チェックのための回収は快適に行えるんやけど、釣りのローテーション上、そこまで回数が多くないんよね。

あと、ドラグの構造上のよろしくなさが、大物が掛ったときのやり取りがしんどいっすね。

まとめてしまうと、釣りにならないって程じゃないけど、積極的にベイトリールを選択する理由は無いっすね。

無難にスピニングでよろしいんじゃないっすかね。

ウキ釣り(タチウオ狙いの電気ウキ)

浮き釣りも種類はいろいろございますが、今回はタチウオの浮き釣りをベイトでやっておりました。

えー、だれでもわかると思うんすけど、まあウキ止めが悪さしよりますね。

どうしてもウキ止めを巻き込んでしまうので、このウキ止めが当たって飛距離はでねえわ、ライントラブるはで、結構しんどめ。

ウキ止めはゴムっぽいやつじゃなくて、糸系のやつを使えば、多少はトラブル軽減されますわ。

あと、浮き釣りしかけって割と巻き上げる時抵抗感じるんで、ベイトリールやとゴリゴリ巻けて、そこは快適やね。

特に阪神のタチウオ事情からすると、流れが速い時は投げ直しの回数も多くなるので、これはメリットと言えますかね。

総合すると、ウキ止めだけちょっと神経質にならないと釣りにならない可能性有りっすね。

逆にウキ止めさえなんとか最適を見つけれたら浮き自体の自重+オモリで割とキャスト自体は無理じゃないね。

ちゅうことで、釣りが成立しないほど無理じゃないけど、流石に人には進められんよね。

ベイトタックルしかないけど浮き釣りしたいって言われたら、フィッシングマックスとかで安いスピニングリールセット買うのをオススメするわ。

引き釣り

これを餌釣りにカテゴリして良いのか悩んだけど、生餌やし餌にカテゴリしたろ。

使ってるのは完全なPEを用いたシーバスベイトリールタックルである前提で話すと、割と悪くないっす。

飛距離に関しては、使う重さによるけど、オモリ15gを当たりなら今日日のタックルならスピニングに肉薄する飛距離は出せますな、特にPEに関していうと、実釣にあたり必要な飛距離は十分稼げるっすわ。

次にリーリングに関してやけど、流石に感度がいいだけあって快適に巻けますな。

流れやアタリもビンビンに感じるんで、悪くないっす。

やることがシーバスのワーム使う時とたいして変わらないんで、そらそこそこ快適に釣りはできますぜ。

ただ、やっぱりドラグが構造上スピニングと似て非なるものなんで、そこだけ注意っすかね。

個人的にはおおむねOKと言えると思いますわ、個人的には初心者にはおすすめしないけど、経験者には一度やって見てほしいね。

まとめ

サビキ:おすすめしない
投げ釣り(ライト):いいね、やってみようや
投げ釣り(ヘビィ):うーん、スピニングでええんやない?
浮き釣り:慣れるまでいばらの道
引き釣り:やってみ、開眼するで

(Visited 1,250 times, 10 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする