楽しい胆嚢摘出 予後観察&退院編

前回手術の痛みで地獄をみたワイですが、なんとか生きておりました。

今回は手術翌日から退院までのお話。

入院3日目

6:00 採血

朝っぱらから採血とは恐れ入った。

ここで各種数値見て、ダメっぽいといろいろあるんやろ。

幸いワイは問題なかったようですわ。

7:30 朝食

前日丸一日絶食してたから、ずいぶんとお腹空いてるはずと思うでしょ?

逆逆、全然お腹減ってなくて、食欲ねえでやんの。

さらに、ワイは朝食はいつもヨーグルトと牛乳だけで済ます派なんで、おかゆとかほんま辛いんですわ。

ここは、薬と思っておかゆを腹にキメこんでやったぜ。

米+牛乳というコンビネーションは小学生の時の給食を思い出すね、ノスタルジー。

9:00 手術結果 キズ確認

ここでやっと執刀した先生が来てくれて、手術の結果とキズの確認をしてもらいます。

ワイえらく痛かったんで、癒着やらなんやらで開腹手術になったんじゃないかと疑ってたんやけど、問題なく手術は腹腔鏡下手術成功したらしい、ありがてえ。

キズは膿んでたりしてなかったらよいみたい。

なにせ切った所が化学薬品臭くてえぐみがすごかった覚えがあるぜ。

9:30 レントゲン

ナースさんに連れられてレントゲンを撮りに行くぜ。

レントゲン室は病院に一個しかないみたいで、外来の人がやるレントゲンと同じ場所でやりますわ。

点滴のガラガラを推して病院内を探検するのは胸が躍るね。

しかしキヅがいてえので、まだまだヨチヨチ歩きですわ。

レントゲン自体は、よくある立ってするやつと、仰向けになってやるやつの2種類やるで。

12:00 昼食

またおかゆなんだ、すまないな。

ああ、確かこの時、味噌汁がついてきたんやっけな、画像どまんなかのやつ。

量は少なかったけど、おかゆの薄味とあいまって、偉くおいしく感じた覚えがあるわ。

相変わらず点滴のおかげでお腹は空いてないので食欲はないけど、頑張ってお腹につっこんでいくぜ。

14:45 退院確認

執刀した先生がきて、採血、レントゲン、傷の確認から退院してもええとのお知らせでしたわ。

流石にまだ、傷が痛んだので、翌日退院する方向で調整しました。

当たり前やけど、退院したら食事やらなんやら自分でせなあかんので、介護してくれるご家族がいらっしゃらない方は、しっかり動けるまで退院は伸ばした方が良いと思いましたわ。

15:45 点滴終了

やっと長らく入れっぱなしやった点滴も終了ですわ。

パイプ抜くときは入れる時と違って痛みはほとんどなかったですわ。

それより点滴によりションベンがやたらとでるんやけど、カテーテルの痛みはまだまだ続くので、そっちが憂鬱。

18:00 夕食

最後のおかゆ、ラストおかゆフォーエバー。

この時のおかずが、鶏肉のケチャップ煮やったかな。

もう久々のお肉で久しぶりに食欲が沸いた覚えがありますわ。

やっぱ肉は必要やね。

22:00 就寝

流石に3日連続徹夜は体が無理なようで。

22:00-12:00、2:00-4:00、みたいな感じで2時間おきにとびとびに寝ることができましたわ。

久しぶりの就寝で、多少は体も心も休まりましたわ。

入院4日目

7:30 朝食

パンパンパン、パン最高。

何が最高かって、ジャムが甘くて最高、マジで。

ワイはお腹の手術だったんで、余計なものは一切食べれなかったんで、甘い物に飢えてたんや。

画像のパンは3つに割ることができたので、1つ目はジャムで、2つ目はマーガリンで、3つ目はジャムとマーガリンのミックスでいただきましたわ。

ほんまこの時のパンのおいしさは忘れられねえぜ。

あとパイナップルはなんかしらんが、偉いカスカスであんまりおいしくなかったわ。

9:40 薬配布

退院してから飲む薬をもらうぜ。

言うても痛み止めの頓服薬と胃薬で、ネタバレすると退院してから全然飲んでまへん。

ま、なんかあったとき病院着くまでのお守り程度に考えてたらええんちゃうかな。

10:15 書類配布

今回の手術のスケジュールと、退院後の生活の制限がかかれた、入院療養計画書ってものをもらいますぜ。

退院後の制限いいますけど、ワイの場合はまったくの制限はございませんでした。

いきなり肉くってもええの?酒飲んでもええの?びびるわ。

また、次回の診察が予約されており、一週間後に診察するとのこと。

10:30 清算

受付で清算して、入院生活も終わりや。

上限申告してたので、入院費8万 + 個室5千 × 4日 = 10万円という結果に。

個室の費用は必須じゃないので上限とは別会計になるね、なるほど。

これでワイの給付金は吹っ飛んだわけですわ、むはは。

10:45 退院

さて、たったの4日ですが、この世の地獄をみた入院生活も、万感の思いを乗せて、フィニッシュとなります。

これが退院した当日した当日の夕方にシャワーしてバンドエイドとか外した状態かな。

思ったよりキズ小さくてびびるよね、こんなもんで地獄の痛みとは恐れ入った。

退院といっても、まだ傷の痛みがあるので、重い物持ったり走ったりは無理ですわ。

歩きもヨチヨチ歩きで老人に抜かれる体たらく。

ションベンもいまだに痛みが伴うし。

ま、ほとんどの症状は退院から3日~1週間ほどで劇的に回復してきますぜ。

これ書いてるのが退院後一週間経ってから書いてるけど、仕事も復帰してるし、特に困ることはないかな。

傷の痛みはあるのはあるけど、何かした時にかすかに感じるほどで、不都合はほとんどないね。

お風呂も退院から一週間ほどはシャワーで、それ以後は普通に湯舟に入ることができるね。

退院一週間後

診察に再度病院に行ったぜ。

血液検査と、傷の確認やったで。

特に炎症も起こっておらず、傷も問題なく回復に向かっているとのこと。

またお腹が痛んだりしたら来てくださいとのこと。

これにて、一連の胆石症の治療は終わりとなりましたわ。

いやあ、腹腔鏡下手術とかちょろっと切るだけやし楽勝やろ、と思ってましたがそんなことはなかったわ。

やっぱり内臓を切るってことは割と大ごとなんで、皆さんも胆石症の手術になったら頑張って苦しみに耐えてくだせえ。

次は生命保険から入院費でるからそっちの方の請求と、限度額のなんやらやったんで、年末調整を自分でやらないといけないらしいけど、もうめんどくさくてはげそう。

(Visited 211 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. カスエルグランド より:

    オジィの腹じゃ‼︎‼︎(千鳥ノブ)