楽しい胆嚢摘出 手術編

さっそく二日目にして楽しい入院生活もメインイベントである手術を開始するで。

入院2日目

7:00 検温 血圧

9:30 検温 血圧

手術前ってことで、割とこまめにとってたかな?

ああ、朝食ないのかって?
手術日は当日まる一日絶食ですわ、とほほ。

11:00 点滴開始

ここでやっと点滴を開始するで。
点滴は長時間やるんで、針ではなくビニールのパイプを入れるやつになりますわ。
点滴の交換も、アタッチメント?的なやつを入れ替えるやつで簡単にできそうですな。
針よりだいぶ痛みもマシやけど、痛いもんはいたいんや。
ここから翌日点滴外すまで、ずっと点滴生活になりますわ。

11:30 手術

手術着に着替えてから、ナースさんに連れられて手術室に行くで。

手術室はなにせ寒かったのを覚えておりますわ。

手術室に着いたら、名前とどんな手術するか言わされます。
包茎手術といっとけば剥いてもらえるかもしれんね。

その後、手術台に自分で乗って、腕を拘束されます。

そしたら麻酔の点滴入れられて、酸素マスク付けたんかな?

先生が「だんだん意識なくなっていくよ」って言ったのを聞いたのが、ワイが覚えてる最後の記憶ですわ。

14:00 覚醒

ナースさんに起こされます。

なにせ、手術室は寒くて手術着も半裸みたいなもんなんで、寒さで足がガタガタしておりました。

また、尿カテーテル入れられてるんで、すごいおしっこに行きたい感覚がすげえでした。

痛みはまあありましたが、病室に戻されるまでは麻酔が効いてるのか、我慢できねえほどじゃあなかったっすね。

14:15~20:00 安静期間

手術後6時間は安静期間となり、なにもできません。

起き上がることもできないし、やれることは寝ることだけです。

痛みは麻酔が切れてだんだんとエグくなってきます。

胆石症直したくて来てるのに胆石症と同じくらいの痛みを耐えなくてはいけません。

この時の状態としては
・点滴
・酸素マスク
・尿カテーテル
・マッサージ機
っというフル装備で、もう装備だけでお腹いっぱいいっぱいな状況ですわ。

マッサージ機ってのは安静期間は動けないのでエコノミークラス症候群にならないよう、フットマッサージが付けられます。

いうても、上半身が痛みの運動会なんで、下半身なんてほとんど気がまわりませんわ。

さて、ネタバレすると、一連の入院で一番痛みを感じたのがこの安静期間です。
ともかく痛いのは痛いですわ。

痛み止めの点滴入れてくれますが、個人的に効いてる感じはなかったですな。

痛みの状況はおおむね2時間毎に変わっていきます。

0-2時間:何も考えれない、痛くてたまらん
2-4時間:痛みはまだまだ、熱も出てくる
4-6時間:考え事できるくらいには回復

だいたいこんな感じ、ともかく痛みがエグいっす。

あと、熱は結構でるみたいなんで、室温調整できるようにエアコンのリモコン枕元にお置いておいてもらうのがよろしいですわ。

この安静期間中に先生が摘出した胆石持ってきてくれたけど、正直痛みで頭おかしかった時期に持ってきてくれたんで、あんまし記憶にございませんでしたわ。

20:00 安静期間終了

ちゅうわけで、
・酸素マスク
・尿カテーテル
・マッサージ機
ここいらはお役御免で取り外しになりますわ。

同時にナースさん立会いの元、起き上がり、立ち歩き、水のみが問題ないかチェックします。

水のみは問題ないとして、起き上がりと立ち歩きは痛みを押しながらなんで、割とつらかったっす。

あと尿カテーテルな、取った後のションベンはすごい痛みがすげえので、ほんますげえですわ。

ワイ割と頻尿な気あるんすけど、ほんとにションベン行きたくなくなるくらいには痛みがえぐかったっすわ。

とは言え、飯食わずに点滴をずっとしてるので、3-4時間おきにおしっこに行き、毎度激痛を味わうことになりますわ。

尿カテーテル由来のちんちんの痛みは、おおむね3-4日ほど味わうことになりますんで、覚悟しといてください。
言うても初めの1日が激痛で、あとは尿出る時にピリっとするかなって感じやけど。

22:00 寝れるはずのない就寝

22:00となり就寝となったけど、もちろん痛みで寝れるはずもなく。

個人的には傷が突っ張るので、あおむけに寝ると非常にいたいので、座ってる方が痛みがマシでしたわ。

前日にテラフォーマーズを読み切ったので、闘将!!拉麺男を読むことに。

これでワイも腹痛に百戦百勝脚ですわ。

こうして手術当日の夜は更けていった。

(Visited 174 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする