よっしゃ、岸ジギ始めよか その2 スピニングかベイトか

皆さんこんばんは、岸ジギを始めようかのお時間です。

今回は必要なタックルについて説明しようかと思っておりますわ。

結論としてはスピニングはNG

まず、こんなクソブログサイトのクソ情報を漁らざるを得ない状況に置かれた皆様については、心より同情を申し上げます。

このページを読んでる方は、シーバスフィッシング自体はやったことあるけど、岸ジギやったこないって人やと仮定するで。
そしたら、大体において手持ちのスピニングタックルで何とか初めてみて、ええ感じなら専用のベイトタックルを買おうかなって思考になると思いますわ。

じゃあスピニングで岸ジギができるか否かって問に対しての答えは、
「条件付きでスピニングでも可能」って感じになります。

じゃあその条件って何さってことやねんけど
「ベイトタックルで過不無い岸ジギを体験した経験者」であることが条件になりますわ。

理由1 フォールのアタリをとりたい

岸ジギって基本的にジグを落としたり、しゃくったりして釣る釣り方やって前にいうたけど、実際ワイの体感上、アタリがあるのがフォール10割、巻き上げ0割って感じで明らかにフォールにアタリが集中するんや。
ここまで極端なのは個人差あると思うけど、おおむねフォールを意識するべきってのはどのサイトでも共通して開設されて取ると思います。

で、その大事な大事なフォールのアタリをスピニングでとれるかどうか、ってなったら、実際岸ジギやったとこがありフォールのアタリをとれるだけ経験したことがある人がフォールに集中していればとれるとは思うけど、全くの未経験の人が岸ジギのフォールをスピニングでとれるかって言われたら無理やと思います。

理由2 手返しの良さ

また、岸ジギ落としたら落とした分だけ釣果の上がるメソッドであるわけなんで、イコール手返しの良さは釣果に直結するんよ。
てことは、いちいちベールアームを竿持ってる逆の手で返すスピニングより、親指一つでリリースできるベイトの方が手返しがいいってことは一目瞭然ですわな。

理由3 ごついラインが使いたい

また、スピニングの場合、シーバスや青物狙いの人やとラインにPE巻いていると思うけど、岸ジギはモノフィラメント(フロロorナイロン)推奨ですわ。
理由はあとあと説明するけど、太めのモノフィラメントじゃないと場所によっては釣りにならないことがあるってことを覚えておいてくだせえ。

理由4 巻き上げがで楽したい

さらに理由は続くんだが、岸ジギで用いるルアーはだいたい30gのジグが中心になってくるんやけど、これがまた巻き上げてくるのにそこそこパワーがいるんだわ。
そら一投二投くらいやったら全然やけど、100回、200回と繰り返すのが岸ジギなわけなんで、ちょっとでも巻き上げパワーのあるベイトじゃねえと体持たねえべ。
もし君がジャックハンマーや戸愚呂弟みたいな人やったら杞憂に終わるんやけど、一般貧弱アングラーは無理せずベイトリールで楽々巻き上げ生活にしよ。

というわけでベイトタックル買いにいこ

まあ諸々と説明してきましたが、一般的なスピニングを用いたシーバスタックルでは併用できないことがご理解いただけましたやろうか。

岸ジギはなにせ試行回数が釣果に比例する釣りなんで、たくさん試行したい→たくさん試行するには快適に試行できる道具じゃないとしんどいって感じですわ。

ご理解いただけた方は、ワイと一緒にタックルベリーで安物ベイトタックル一式買いに行きましょうよ。

(Visited 75 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. カスエルグランド より:

    ワイさん!ワイさん!
    めちゃ楽しく岸ジギ読んでるよ!
    DCブレーキでもバックラ連発したワテでも岸ジギやったら行けるかの?
    投げなくてよいの?真下に落とすだけ?

    • gsx250fx より:

      スピニング畑の人がベイト使ってるとキャストうまくなるより先に
      バックラの直し方のほうがうまくなることは稀によくある話や。

      岸ジギはガチのマジで投げなくてええよ、真下に落とすだけや。
      キャストとアクションで差がつかない大変うれしい釣り方なんや。