バチ抜けでシーバスを釣る方法 その2 ルアー

じゃ、次は必要な道具やら説明していこかな。

まずはルアーな、こいつが無いと話にならんよね。

ルアー

その1で説明した通り、バチを模した(もしくは結果的にバチの動きやなんやらに似てしまった)ルアーを選びましょう。

数あるジャンルとしては、シンキングペンシル、所謂シンペンってやつをチョイスすることになります。

シンペンも何気にシンペンの中で外洋や磯を意識したごついやつとかもあるので、シンペンやったら、なんでもかんでもいいってわけではないんすよ。

バチに適してるって言われるのは以下の2つの要素を持つルアーですかね。

  • 重さが5g~12g前後までのもの
  • 全体的なシルエットが細身である

って感じですかね。

わいがバチ抜け時にメインで使用するルアーを2つばかし紹介しますわ。

使用感とかはまた別の機会にでもするんで、ここではさらっと名前だけ出しますわ。

feel120

なんと三又(トレブル)フックが4つもぶら下げたキテレツキワモノルアー!

に見せかけて、割と普通に扱えるシンペンなんですよ。

たぶん全体的な設計のバランスがええんでしょうね、バチで迷ったらfeel120で間違いないよ。

兄弟にフィール75、100、150とあるけど、現状120だけでええよ。

マニック95

前は税抜き1000円を割る値段で売ってたんやけど、いつの間にか値上げかしらんけど1000円越えるようになってもうた。

こいつのよろしい所は、飛距離出ることと、早巻きに対応している所ですな。

なんも考えず思いっきり投げてじゃかじゃか巻いても食ってくるイカすやつだよ。

つまりは広く早く探れるわけやね、ステキなルアーですね。

(Visited 45 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする