今年のバチ抜けはワーム素材のシンペンがトレンド

・・・に、なるんでないかなあと思いますねん。

どうも、ワイです。

なんか、ルアー業界もネタ切れなのか、今頃ワーム素材に手を出すメーカーが出てきてびびるよね。

特にバチ抜けで使えそうなワーム素材のシンペンが続けざまにでてきて、このままブームになると予想するんやけど、どないなもんやろ。

ちゅうわけで、これからの時期に活躍しそうな、新旧のワーム素材シンペンをリストアップしたんで、紹介していくわ。

STROM SX-SOFT PEN

公式HP

ストームいうたら昔はウイグルワートとかが有名やったよね、わいはピーナッツ派やったけど。

なんかしらんが、いつの間にかラパラの子会社になってるのか?それとも日本の販売チャンネルをラパラに委託してるんやろか?

まあええわ。

このストームは老舗の舶来ブラックバス用ルアーメーカーではあるんやけど、なぜか「五目」ブランドで日本向けのルアーを発売してるわけやね。

で、今回ワーム素材のシンペン「SX-SOFT PEN」が発売になったわけやね。

こいつの前に、同じようにワーム素材を使ったバイブレーション「SX-SOFT VIB」を出してたんやけど、あんまり売れてるようには見えんかったわ。懲りてないのかな?

で、SX-SOFT PENのスペックは↓のような感じ

Model Body Length Weight Wire
SXP100 10cm 16g 45Lb

10cmという長さのわりに16gって言うのは、シンペンでいうと重い方になるんやけど、ワーム素材って浮き上がりやすいから、たぶんちょうどええウエイトなんやないかな。

16gで中空なしのソリッド構造なら飛距離も申し分ないっしょ。

HP見た感じやけど、素材は結構柔らかい素材を使用しているっぽいね。

ほかのワーム素材シンペンやと金属製の芯材をしようしていて、あんまり曲がったりはしないんやけど、こいつは見た感じ「SX-SOFT VIB」と同じようにワイヤーを芯材に使ってるみたいなんで、グニャグニャ曲がるで。それが釣果にどう影響するか知らんが。

値段は確か釣り具やで見たときは1000円くらいやったかな。

シーバスルアーというカテゴリであれば結構ええん感じの設定ですな。

手を出しやすいでんな。

ジャクソン うにょうにょ

公式HP

バチ抜け特化ルアー「にょろにょろ」のワーム素材版が、この「うにょうにょ」

見た目的には、「にょろにょろ」より「でぶにょろ」の方が近いんでねえのかね?

HPの説明見る限りでは、にょろにょろを踏襲した性能っぽいので、まあ最低限の釣果は保証できるんじゃないですかね。

スペックは↓のような感じ

Size Weight Type Range Hook Quantity Price
90mm 9g Sinking #8 3 ¥1000(税別)

税別とは言え1000円は安いよね。

HPに書いてないけど、こいつ替えボディがついてくるの。

つまり内容物が

フック付き芯材が1つ、樹脂製ボディが2つ

なんだよ。

これもっとプッシュしていい要素やと思うんやけどどう?

クリアに近い色のやつ買って、油性ペンで自分で色付けしたら1000円で2色そろうやんけ!

って思ったら透明に近いクリア系のカラーないのね。

買うなら無難なチャートですかねー。

オルルド釣具 ソフトシンキングペンシル

オルルド釣具っていえば、ローリングベイトのバッタもんでブイブイ言わせてるとこやね。

たぶん中国系から安く仕入れてアマゾンのマケプレで捌いてるみたいね。

ほんまかウソかしらんが、製造元の金型が流出したとかなんとか、レンジバイブも同様にコピーが作られまくってますな。

まあそんなんどうでもええとして、このソフトシンキングペンシルね。

出たしたのは去年くらいからやったっけ?結構経つよね。

重さ:14g 幅:8.5cm やけど、ワーム素材ってことを含めても重めかな。

海外向けのルアーってそもそも重たくない?

見た感じ品質も期待できへんでしょ。

とくバリとか塗装とかは結構だめっぽそう。

しかして、値段は一考の価値あるので、一度手に取ってみてはいかがかな?

ブロビス アッシム86

公式HPなさそう、フェイスブックが公式になるんかな。

ワーム素材のシンペンの元祖になるんかな、アッシム86やで。

今年のフィッシングマックスの初売りに行った人にはおなじみなんちゃうかな?

福袋に多数入ってたよね、あんまし売れてねえのかな?

そもそも売値が高いですわな。

これ買うならほかの定番シンペン買いますわ。

っと、ネガキャンしてもしゃあないね。

こいつの良さはワーム素材ゆえの、自重のわりに浮き上がりよいことと、ワーム素材なんで破損に強いことですかね。

そんかわり素材自体が劣化するんで、最終的には消耗品として扱わざるを得ないことやね。

値段の高さの以外ではそんなに悪いとこはないと思うねんけど、一本どないでっか?

(Visited 49 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする