湾奥の奥の奥で、太刀魚ボンバイエ

ちょっといきなり寒くなりすぎじゃない?

ワークマンで電熱ベスト買うか迷ってる、どうもワイです。

えー、リール買ったんすよ、中古の13ナスキーc2000。

んで、ジグ単キャスト練習してえなって朝一コスモスクエア行ったんすけどもちろんボウズで。

消化不良なんで、夕方からタチウオ狙いで出撃じゃい。

ドローンの音がうるさいぜ

コスモスクエアから帰ってきて昼食って昼寝してから、やってきました尼崎ののびのびできそうな公園。

治外法権なのか、公園ではドローンが飛び交っておりますわ、はじめ音でラジコンカーやとおもったんすけどね、RCカーグランプリのタミヤのまえちゃんって元気なんすかね。

現地着いたのは16:00頃っすかね。

さすがに場所が場所、時期が時期なんで、そんなに人は入っておりませんわ。

水質は、うーん、思ったよりキレイ?

尼の海いうたら機械油が日に当たってホログラムになってきれいやねって感じやったとおもうんやけど、案外そうでもないな。

流石に透けてるほどじゃないけど、イメージ程やないっすね、見直したぞ尼崎。

最初からMAXで行くぞ、ついてこれるか?

さっそくテンヤを用意や。

ワイはここで過去にルアーをロストした痛い思い出があるんで、遊びは無や、悪く思うなよ。

テンヤ名人の動画見ましてね、ドジョウの頭落としてアシストフック無しでやってみよ思いました。

これでワイもテンヤ名人や。

さっそくダイソーのケミホタルパキってやったるぞ。

大体こういった湾奥のポイントって真っ暗になってからアタリが出だすってイメージやけどどないっすかね?

湾奥で夕方からアタリあった人おる?

人も増えてきてボルテージ上がるぜ

そら日も沈みますわ。

海の向こうのあの山はどこなんやろ?

さあ、完全に日も落ちてチャンスタイム到来や。

上層/中層/ボトムとただ巻き/アクション有を組み合わせて攻めていくぞ。

個人的な経験則やけど、アクション入れるよりただ巻きで食ってくる方が圧倒的に確立高いよね。

ただ巻きで釣れない場合のフォローでアクション取り入れてみたらよろしいんやろうか。

時間も過ぎて、ボチボチ電気ウキも浮かびだした。

ワイも負けじと浮きとテンヤの二刀流のムサシロードや。

ウキとテンヤ両方そなわり最強にみえる。

素人がやると逆に頭がおかしくなって死ぬ。

チャンスをものにできない負け犬か

時間は無常にも過ぎていく。

周りは大多数がウキ釣りやけど、ワイも含めてアタリありまっしぇん。

ちょっとスローにやってみよ思ってテンヤを軽量なものに変更。

相変わらず手作り感満載で人には見られたくねえテンヤだぜ。

あ、正面に見えるの、ワイのウキなんすよ、うへへ。

もうリチウム電池切れそうで光量が絶対的に足りてねえ。

ワイがジャコウやったらキレてるとこやで。

ちょっと風が吹いてきたんでテンヤをダイソーのやつに戻して飛距離を稼ぐで。

テンヤ変えて一投目でクク・・・ゴゴゴっとありがたいアタリ。

そのまま手前に寄せてきて抜き上げる所でスッポーン、すっぽぬけ。

わーお、まじかよ。

思わず「うあー!」って叫んで危ない人を装って事なきを得る。

まじかよ、動画見てアシストフックOFFにしたのが原因やろこれ。

アシストフック付けないのは、10匹釣れる人が11,12と数伸ばすのに適してるんであって、ワイたちのように、1匹で右往左往してる人たちはアシストフック付けてる方が無難なのが実感として得られまして。

かけがえのない経験を得て、次こそキャッチしたろ。

テンヤで行けそうと踏んでから浮きを手前に寄せてたら根掛で仕掛け持っていかれたわ。

絡まん棒を付けたんで電気ウキは無事やけど、ケミホタル/オモリ/仕掛けがおじゃん。

手前に寄せるくらいなら、陸に引き上げとけってことね、これも得難い経験だよほんと。

その後、テンヤに小さいケミホタル付けてバイトマーカーにしたり小細工を施すもアタリは無し、ムムム。

ちょっとこれはいけませんね、人も増えてきたし、ちょっくら移動や。

湾奥の奥で、目覚めるか愛

のびのびできそうな公園から移動して工場臭いポイントに移動。

ここは晩秋~冬になると、小型のベイトの群れが入り込むことがあるんで、太刀魚もまあ、釣れたり釣れなかったりっすわ、むはは。

水面チェックすると、小型のたぶんカタクチイワシの群れが入り込んでますやん。

これは期待できますぞ。

ちゅうわけでドジョウからキビナゴに変更して、シルエットをできる限りベイトに寄せる作戦。

上層/中層/下層と探るけど全くあたりなし。

横の餌釣りのおっさんは釣れてるのに、くやしいのう。

もう何をやっても釣れねえ。

最後に手を出したのは軽量テンヤ。

出来る限りゆっくりなら釣れてるウキ釣りと同じシチュエーションになるか。

ベイトは肉眼で見えるくらいなんでレンジはほぼ表層、スピードは限界までゆっくりでやってみたら、テンヤ回収寸前の足元でグググのグー。

これこれこのヒキやねん、待ってたんは。

ってことで今度は慎重に抜き上げ。

上げた瞬間に針から外れて九死に一生の一匹。

割とマジで本気でうれしい。

朝からずっと釣りばっかりしてて満身創痍やねんこっちは。

マジな所、マヅメでさっくり釣って帰ろうと思ってたんすよ、それがこの時20:30っすわ、むほほ。

釣れたタチウオは妙に下あごが発達したニュータチウオやった。

釣れたらボンバイエボンバイエ鳴いてましたわ。

なんとか釣れたんで即退散。

そこから飯食って、銭湯寄って帰って24:00、うひゃー。

もう無理な釣行は控えるよ。

総括

・テンヤはアシストフック必須、もうわかりました
・タチウオも極力ベイトのシルエットは合わせた方がええのかな
・あんまり本文で書いてなかったけど、割と寒いので、もう完全防寒必須やね

(Visited 670 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする