12月半ばやし、クリスマスカレイ釣って今年は締めたいの、ワイは

うおおん、Goto中止になったじゃんかー、もう。

あ、そもそも大阪-神戸くらいしか生活範囲のないワイは関係ない話でしたわ。

会社からいろいろ自粛せよって言われてるけど、そもそもにおいて普段から人の多い所もいってねえし、ほとんど生活様相かわってねえんだよこっちは。

ああ、どうもワイっすわ。

えー、沖堤防とかだとカレイが釣れてるようですな。

ここはいっちょ毎年のことながら貝塚の水路にカレイ狙いに行ったろ。

日の出1h前の情熱

はい、ちゅうわけで貝塚人工島の水路に到着ですわ。

途中でフィッシングマッ糞で青イソメ500円勝って、現地に着いたのは日の出1h前のAM6:00ですわ。

こんな暗い中、人いねえだろとおもったらちょぼちょぼおりますな。

投げ釣りで個人的な意見を言わせてもらうなら、人が集中して見れる竿は2本が限界やとワイはおもってますわ。

捨て竿って考え方もあるんやけど、まあ餌もそんなにないんで今回も2本でいくでワイは。

仕掛けはジェット天秤8号に2本バリ仕掛けっすわ。

3本バリとかも試したけど、とちゅうから餌付けめんどくさくなって針2本にしか餌付け無くなったりするんで、ワイ個人の限界点が2本バリなんすわ。

餌付けエリート勢は是非3本バリで頑張ってくだせえ。

これこそアウェーイの洗礼か

一投目からアナゴを釣るスタイル。

持って帰る気が起こる程のサイズのアナゴって岸から釣れるもんなんすかね。

まるでワイの股間にぶら下がってるのと同等サイズのかわいいアナゴに胸が熱くなる。

アナゴにしては珍しく下あごにフッキングしてたわ。

アナゴ言うたら毎回針呑み込まれて体よじって仕掛けをグソグソにするやつなんで、ワイは好かんね。

今回は針外して仕掛けも無事で助かったわい、もうけもうけ。

日の出前後が一番寒いんよ

アナゴが釣れてからは全くの沈黙さん。

当たりのあの字もありまへんわ。

そろそろ空も白んできたところっすね。

この時間が一番寒いんよな。

真っ暗闇の方が寒いとおもうんやけど、ここから日が出てある程度照らされるまでが一番寒くて堪えるんや。

こういった寒さの種類が分かるようになったということは、年を取った証拠かね。

今回は残念ながら雲があって日の出見られず、残念。

迫撃、トリプルフグ

ここから、フグの猛攻が始まる。

ふぐ、ふぐ、ふぐの三連発や。

とにかく仕掛け投入即餌かじられて素張りorハリスごとちぎられる、こんなんどないせえいうんや。

タックルベリーで買った中古の仕掛けがみるみる無くなっていく様は、ある種の爽快感すら覚えるよ。

ちなみにやけど、こんかいかったイソメ、偉いイキがわるかったんすよ。

大きく太い個体ほど弱ってて、細い個体ほど元気やったな。

弱ってる個体はぬめりもあんまりなくて針付け簡単やったわ、やったぜ。

そろそろ日が出たあたりやけど、ずっとフグに悩まされる時間が続く。

あまりにもフグフグしてるんで、携帯のマクロモード膨らんだフグを取ってみた。

まるでふぐりみたいでステキやね。

キレイな朝焼けに心現れる思いや。

釣りの醍醐味いうたら、自然を味わうことにあるんや。

決して魚を釣る事だけやないんやぞと、フグの猛攻に対して自分に言い聞かせるわけっすよ。

フグが湧いてる時は、こんな感じで餌がすぐグソグソになるんすよ。

中のエキスも吸われて、投入前はぷりぷりのイソメが、しおしおになって帰ってくるわけ。

犯人はこいつ、憎たらしいわね。

毎回毎回、ちゃんと海に返すワイの慈悲深きことマリアナ海溝の如し。

カレイより人の方がおおいやんか

この日はワイと同じような志の人たちが、自分こそはシーズンイン最初の一人になったるという思いを胸に集まった感じっス、たぶん。

明らかなポイントである橋の周辺は割と混みあっておりますな。

逆の方の赤い橋周辺もこんな感じ。

海をよく見ると、箸の向こうは結構波立っていて、風が寒そうやね。

おっさんは声がでかいんや

たしか8:00頃やったかな、地元民と思われるおっさんたちが集まりだしたんや。

まあ、とにかく声がでかくてうるさいんや。

そらそんなボリュームでしゃべるんやったら釣り場じゃないと怒られるわな。

ええんやで、釣り場は行き場のない者たちの最後の吹き溜まりや。

あ、橋の周辺は人多いけど、逆に橋と橋の間あたりは、めっちゃ空いてて快適やで。

この機会に皆さんもすいてるポイントで竿だししてはいかがでしょうか。

海は冬の海らしく透明度が高いっすね。

ウィードっていうか、海藻は全然生えてないらしく、根掛はほとんどないね。

その代わり、夏に生えてた海藻のなれの果てのヘドロチックな物質が絡んできて気分がげんなりするぜ。

なあ、その船でワイも釣れてってくれねえか。

おっさんの話は物々しくてワクワクするぜ

おっさん達は20分で1人の割合で分裂して増えていきます。

おっさん達の話題非常に興味深く

・ここら辺周辺で釣ったタコの話
・原付の二段階右折の話
・知り合いの息子はアルファード乗ってて羽振りがいい
・その知り合いが北の将軍と一緒に写ってる写真がある

こんな感じの話をしてはった。

ちょっと最後の方はあまりにきな臭い話だったので、ワイも同様してイソメを付ける指が震えてたよ。

ダメ、納竿

将軍の話が出たあたりからフグすらもアタリが無くなりましたわ。

フグっていついてる方やと思ってたけど、回遊するんかな。

それとも北の将軍のって単語が出たんでテポドンを恐れて竹島まで逃げたか?

ここら辺で、餌も無くなって納竿を余儀なくされたわい。

ワイの感覚やと、餌500円分あったら昼間で十分もって、それでもいくらか捨てて帰る感じやってんけどな。

流石にエサ取り出ると消費が早かったな。

エサ取り出てる時間帯は、竿一本で凌いだ方がよかったかも。

帰り支度をしてる途中でもういっちょ橋周辺の人の入りを確認。

よし、減っては無いな。

逆もこの通り、混んでるなぁ。

この時が9:00頃。

ちょうどこの時間から入る人もおったし、カレイは絶対的にマヅメじゃないとダメって感じじゃないんで、自由に竿だししてええんじゃないっすかね。

あまりにも心と身体が冷えたので、清児の湯で体を温めて帰ったわ。

向かいにあるマクドのドライブスルーが激混みで一車線つぶしてて、ちょっとドン引きっすわ、むはは。

総括

・カレイ、ちょっとまだ釣れねえっすね
・エサ取りの回避方法が今後の課題やね
・北の将軍の写真怖いっす
・貝塚民マクド好きすぎてびびる

(Visited 662 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする