また西宮浜でボウズや、むはは

どうも、ワイですぜ。

いやー、梅雨ってすごいっすね、毎日何かしらの雨で釣りに行けなっすわ。
なまじ晴れたとしても前日の雨であんまりよくない濁り方してたりさっぱりでんな。

まあそんなこんなに懲りずに今日も西宮浜ってか御前浜に出撃や。
もう俺たちに釣りから逃げるすべはない。

午前3時、ボラの歓迎

夕方~夜中にかけて釣りしてもあんまし釣れねえんで、朝方に釣りに行こうと思い立ったワイ。

この日の日の出は4:45とかなんで3:00に現地着。

今回はいつもの跳ね橋周辺じゃなくて西宮回生病院とかテニスコートのとこで釣りしたろ思いましてね、夙川を南下して浜をめざしますわ。

夙川ってしゅくがわって読むんやね。
ずっと凪川やと思ってたわ、Wikipedia便利すぎて思わず失禁した。

夙川周辺は住宅もあるんで静まり返っており時折新聞配達のカブのエンジン音が聞こえるくらいですわ。
打って変わって夙川自体は小さいボイルや明らかなボラジャンプが見られお祭り騒ぎ。

これは期待できるかもしれんね。

夙川河口からエントリー、流石にこの時間だと人気の立ちこみポイントも無人や。

今日はベイトフィネス練習のため、ロッドはアブのベイトフィネス用糞ロッドにディサイダー7にPE0.8号巻いていくで。
まるでワイがアブ信者っぽくみえるけど、これ全部購入動機が「安かったから」やからな。
アブは昔のバックラッシュ製造機の時からあんまし信用がおけないねえ。

あ、ルアーの方は7gバレットシンカーにリトルスパイダー3インチのいつものアレですわ。

釣れないのでマニック投げる

空が白んでくるまではがんばったんですわ、ワイも。
しかしね、ほんま全然飛距離でねえのよ、この糞タックル。
本気で振り切ったらバックラッシュするし、うーん。

とにかく手前を重点的に攻めるけど、うーん。

どうにもこの日は波がほとんどなく水面は鏡面仕上げ。
そんでもって10cmほどのベイトの群れが時折ボイルしたり、なにせ水面がうるさい感じですわ。

いてもたってもいられず、一応持ってきたシーバス用のマニックフィッシュに付け替えて広く探るで!
こんな水面暑いのに底なんか釣ってられるか!

マニックでもアタリねえっすわ

マニックを投げつつランガンで浜の西端、ポンプ場の裏までいったけど、なーんもあたりなし。

途中餌釣りのおっさんがエイを3回引っ掛けたとかいうとったわ、むはは。

手前で食ってきたけどフッキングせず

日が出たタイミングでもう一回テキサスリグに戻して底ズルゲームの再開や。

ここは跳ね橋周辺と違って、遠投してもまだなにか当たるものがあるな。
跳ね橋周辺って船通るか流心の所が船の水流で捲れて砂地になってるっぽいんやけど、こっちは船があんまし通らんから底が手前からそんなに変わらない感じで広がっているんやろうかね。

たしかこの写真撮った直前に手前8mとかで明確なアタリが一回だけあったんや。
完全に竿曲げられてドラグがなるほど完全にルアー口に入って引っ張られたっぽいんやけど、完全に気が抜けたんでアワせられずにそのまま口離されてお終い。

チヌは手前でも食ってくるから油断ならねえなあ。

コウイカ、お前こんなとこで何してるねん

ふと足元にハエが集ってたんで見てみるとコウイカの死体が浜に埋まってた。

ワイの足が横幅5mほどなんで20mクラスのモンスターやね。
埋まってることから雨とかで流されてきたんかな?
ここらやったらカニに瞬殺されるとおもうんやけど、全然手つけられた形跡なし。
たまにコウイカってようわからんところに死体あったりして生態系わけわからんな。

あ、この時点で完全に心折れて納竿しましたわ。

総括

・ベイトが水面割っててもシーバスおるわけじゃねえよ
・キビレは結構足元までくるんで回収まで気を抜かんように
・当たったらフッキングする、自分でフッキングする、大事
・餌釣りのおっさん情報では今年はエイが多いらしい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 全身ビンビン丸 より:

    いつもクソしながら楽しく読んどるで
    ワイも同じ浜で何度かチニングしてみたのだが、上手く釣れんかった。
    お隣の甲子園浜の方が打率が高いですぞ

    • gsx250fx より:

      脱糞アングラーさんどうもです。

      甲子園浜は駐車場が難儀な時間しか空いてないのがネックですな。
      あとウィンドサーフィンの人たちの容赦ないライン潰しに3年ほど前脱肛しかけた覚えがあります。

      ちなみに石畳とサーフだとどっちが打率高い感じですか?