ルアーケース メイホウ リバーシブル120 のインプレ

久々にケースこうたんでインプレでもしてみますわ。

今回はメイホウからでたリバーシブルシリーズの120について紹介しまっさ。

価格

結構浮き沈みある感じですが、だいたい1000円以下って所ちゃいますかね。
わいがこうたときは800円ほどでしたわ。

大きさ

一般的なタックルケースの大きさ(3010やっけ?)に準じた作りになってます。
普通の大きさっすね。

いい所

各スリットに収納できる

このシリーズの最大の特徴であるわけで、これがこのケースのアイデンティティなわけっす。
各スリットに入れるため、ルアー同士のフックが絡んだりしないのがええところや。

水洗いできる

写真では見ずらいかもやけど、各スリットには水抜き穴が設けられとります。
なので、そのままルアー入ってる状態で水をざばーっとかけてフックにでも掛けといてやれば洗いはOK、らくちんでありますな。

ダメな所

長いルアーが入らない

ま、こんな感じでワイが入れたかったルアーたちを入れてみたんやけど、肝心のフィール120が入らねえ。
ルアーの表記にもよるけど、やたらとながいリップのダイビングミノーとかは別として長さ115まで位しかはいらねえのは注意したほうがええっす。
買う前に店で試してから買った方がよかったわい!

体高のあるルアーはダメ

こんな感じで、ラパラのCD9はリップがつっかえて入らなかったわ。
入るルアーの形状は結構制限されるね。
こいつ以外はローリングベイトとかは入ったんで、そこまで悪くないっぽいかな。

結局どうなん?

120とうたいながら120(クラス)のルアーが入らないのは個人的に致命的でした。
120いうたらミノーで一ジャンルを築くくらいにはメジャーなサイズやと思いますんで、それが入らないんやったらリバーシブル100とかの一個下のサイズでもええんじゃない?って感じになりますわ。

とうぶんワイの理想的なルアーケース探しの旅は続く。

(Visited 142 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする