小野浜岸壁でタチウオ調査、そして伝説へ

いやー、三連休一発目も終わって神戸でもぼちぼちタチウオ一発目揚がってきましたな。

どうも、うだつのあがらないワイです。

もうね、一か月くらいタチウオ狙いでアジサバイワシしか釣ってねえんですよね。
ボウズじゃないだけ多少は溜飲が下がる思いですが、ワイのマグマのように滾った闘志はとどまることを知らず、三連休の最終日に小野浜に突撃一番ですわ。

兵庫突堤はこりごり也

前回兵庫突堤で人多すぎで閉口したんで、コミュ障なワイは出来るだけ人の少ない所に流れ着いたんや。

ここは小野浜岸壁。

ポーアイ北公園の対岸に位置し、車横付けできるがトイレがないために女子供には容赦ないポイント。

北公園がもう混んでるんはわかってるんで、今回はここらで一勝負や。

晴天の釣り場できんもちいい~

この日は14:00頃にポイント着いたんやったっけな?

まあ周りの釣り場に比べて若干はマイナーな場所なんで本格的タチウオシーズン入るまでは、場所はまあなんとか入らせてもらえそうな感じでんな。

ちゅうわけで空いたスペースで釣り開始や。

ジグサビキでベイト調査

この日も表層付近は何やらベイトが回遊してきとりますな。

ジグサビキで底から調べていくと

イワシさんでんな。
カタクチじゃねえから、マイワシでええんかな?

10cmほどの大きさなんで各種ルアーとベストマッチの大きさでんな。
これは期待が持てる(毎回言ってるが)

シーバスばらした

ジグサビキで相変わらずアホみたいにしゃくってたら偉くでかい引き。

巻き上げてくると40cmほどのシーバスさんでしたわ。
タモなかったんでそのまま抜き上げたらポロリで海にお帰りに。

ほんまは30cmほどでした、シーバスやけどサバ読んですんません。

その後は二匹目のシーバスを狙ってたんやけど、アタリは無し。

お隣さんが60cmほどのシーバス揚げてたわ、これはサバ読んでねえっす。

オイラはジグサビキでアジが掛っただけ。
こんな大きさでも引きはそこそこあるんだからびびるよね。

あかん、まじでアタリねえ

個人的に空の青さと海の青さが好きなんですよ。
釣りって釣れてねえと風景みたり、隣の挙動ガン見したりするよね。

今回もバッチリ風景目に焼き付けてきたぜ。

エイもがんばれって応援してくれとる。
キミは尻尾の毒針でウェーディングしてる人たちを応援したってくれ。

夕マヅメで雰囲気抜群、期待値爆発

そうこうしているうちに夕マヅメに突入。

気が早い浮き釣り士たちは電気ウキに電池をセットしだす頃でんな。

ここらで使っていたルアーは、ワインド、VJ-16、鉄板バイブ、ここら辺を適当にローテーション。

雰囲気はいいんだ、雰囲気は。

この日は大潮だったんで流れが非常に早くて20g未満のルアーは使いづらかったな。

ポーアイ北公園行く人は水路状になってるんで流れが出だすと半端じゃねえので、いつもより重めのルアーも用意しとかんと隣とトラブって釣りにならんので参考にどうぞ。

この時間で釣れない雰囲気が漂いだすと非常に空気が重くなるよね。

昼間のサビキファミリーはホクホクでお帰りですわ。

俺たちタチウオ狙いの闇は深い。

日落ちて、ワイの意識も落ちる

確かこの日は潮どまりが20時頃やったんで、日が落ちてから浮き釣りしてても、そこまで大潮って感じの投げなおしは要求されへんかったな。

ここは兵庫突堤と違ってサバは回ってきていない感じ。

だって餌のサンマ全然なくなってねえんだもん。

さらば小野浜

満月が六甲アイランドの工業地帯を照らし出す。

新・東 W
いったい何の暗号だろうか?
やくざ屋さんが粉の取引をするときのための目印だろうか。
どうせなら梅田のビッグマンとかで取引したらええんちゃうかな?

この日は電気ウキには全くアタリはありませんでした。

エサ取りもないし、太刀魚にかじられたあともない。
つまりなんもない。

魚もいないのにせっせこ電気ウキにエサ付けて海に放り投げる姿は空虚や。
まるでワイの人生そのものや。

総括

・神戸、タチウオまだですわ、すんまへんな
・小野浜はいっそ昼間のシーバス狙いが面白いかもしれんな、メタル系ルアーでどうぞ
・小野浜の方にはサバは回ってきてねえな

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする