おいおいおい、9月入ってもまだタチウオ釣れねえぞ

どうも、ワイです。

いやー、ぼちぼち季節は秋めいてきましたが皆さまはいかがお過ごしですか?

わいは今回もボウズも恐れず神戸にタチウオ調査ですわ。

やっぱり兵庫突堤やね

ちうわけで、兵庫突堤に行ってまいりました。
時間にして14:00-22:00って感じっすな。

ほんまは神戸空港とかがええんですけど、貧乏人のワイは駐車場代さえ出し惜しみ。

貧乏人の意地みせたろうやんか!

表層ベイトばっちりで雰囲気ばっちり

お昼を過ぎて兵庫突堤について表面調査。

この日はあんまりサビキファミリーがおらんかったんで地道な調査が必要ですわ。

普段から小銭が落ちてないか下を見てる一般釣人ならこれくらいなら余裕でこなせるよな?

水面を覗くと表層からフグかなんかの小魚が沸いておりましたわ。

生命感があるとテンションもあがるなあ。

久々の晴天に恵まれてワイの心もハレバレや。

竿無いしベイト使うわ

前回メインウェポンのKGエボリューションを折ってしまい代わりの竿を用意できず、どうしようもなくてしょうがなくベイトタックルを引っ張りだしたわけっすわ。

スカイロード8ftのベイトロッドにアルファスCTSV。
道具だけ見ればごりっぱですね。

さっそくジグサビキでジェット天秤釣れてテンションもうなぎのぼりですわ。

ボウズは回避できたんやが

さてベイトタックルな。

久々に引っ張り出して15g~1ozまでガッツリ投げ込みや。

うーん、やっぱりオープンウォーターで飛距離がスピニングの7-8割程になってしまうのはどないにもストレスが溜まる要因でんな。

最近のベイトリールはほんま進化していて、着水時のサミングミス程度の軽いバックラッシュを毎回ちゃんとメンテしておけばキャスト時の致命的なバックラッシュは防げるようですな。

7月から割と使い込んでおりますが、いまだに致命的なバックラッシュなしで、そこらは快適でんな。

そうこうしている間にサバのお出迎え、ご苦労さんですわ。

この日もとにかくサバが沸いておる状況でしたわ。
サバの臭いに釣られて周りのボルテージも沸騰寸前ですわ。

夕方のマヅメでモンスター炸裂(体感には個人差があります)

サバの臭いに眩暈を起こしつつも、周りはぼちぼち夕暮れ。

マヅメのフィーバータイムや、やったるで!

日中使い倒したメタルジグからVJに華麗な変身を遂げたワイ。

さあ夕暮れよ、VJを蠱惑に染め上げておくれ。

そんなことをブツブツ言いながらベイトで飛距離の出ないヘロヘロキャスティング。

とりあえず底とってからいつもの巻き上げメソッドでタチウオたちイわしたろ!

ちゅうわけで底に落ちるまで待っても待ってもなかなか底に落ちない。巻き始めるとふわっと軽い感じ。

あらら、一投目からルアーロストか?と思ったらガツンと魚の引き。

おお、こりゃ太刀魚か?と思いつつ巻いてくるとずっと魚の重みを感じる。
太刀魚は巻いてくると正面向くので軽くなるんやけど、こいつはタチウオじゃねえな。

なんとかドラグを締めてやり取りして揚がってきたのは

ツバスかよてめえ。

今年は青物わりとアタリ年っぽいんで、狙うならみなさん狙ったらええですよ。
ワイはタチウオ釣りたいの!

VJのワーム(アルカリシャッド)は一撃でボロボロにされた。
あいつら牙もねえのになんでワームをボロボロにしやがるですか!

しょうがないのでワインドに変えて強制的に捕食スイッチをオンしたる!
ワイの心も強制的にオンや!

釣れねえっす

日が落ちてからは散々でした。
そう釣り人のワイさんは当時を語る。

ワインド、セットアッパー、各種バイブレーションを投げたおすも不発。
特にベイトでの飛距離のどん詰まり感が致命的でした。

餌の浮き釣りでも、サンマ、キビナゴと投げるもアタリは毎回サバの猛攻。
潮の流れも無くなったタイミングで同時に餌も無くなった。

神戸の釣り場が抱える闇は、深い。

総括

・神戸のタチウオまだっすわ
・青物好調、狙うならこっちかな
・ベイトはやっぱりダメだ、シチュエーションによってはスピニングの下位互換や
・サバクソ野郎

釣れたルアー

シーバスはもとより、太刀魚、青物もどんとこいのスーパールアー。

ジグヘッド+ワームにこの値段は高いと思うけど下手なプラグ2つ買うくらいならVJ-16一個のほうが釣果は上がるやろ。

ただ、ワーム部分のアルカリシャッドは耐久性0なんで変わりは必須やで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする