なぜかダイワが今更ワインド用ワーム&ジグヘッドを新発売するらしい

どうも、ワイです。
最近はお尻が切れ痔になってしまい座るのも難儀する毎日です。

そんな近況はどうでもよくて、皆さんダイワかシマノやったらどっち派や?
おいらは関西の人なんでダイワ派なんすよ、昔から。

で、ダイワの新商品情報は割とチェックしてるんやけど、先日目を疑う新商品を見つけてしまったんよ。

サムライ太刀ワインドダート堂々登場

公式HPやで

↑へんなもん仕込んでないんで安心して踏んでくれ。
こういうリンク先にブラクラ仕込まれてたりしたのも、20年前の話なんだよね、懐かしい。

えー、特徴は特にない感じっすかね

ざっくり見た感じはスタンダードなワインド系ワーム&ジグヘッドと言えるんやろね。

んー、口悪く言うと、ただのオンスタックルのマナティ&ZZヘッドのパクりじゃねえの?って話よ。
後発なのに特にこれと言って目を引くものが無いのがなんともかんともやね。

ワームは、まあスタンダードやな

ワームはホール(穴)二つあるタイプ。
上がキーパー差し込むやつで、下がケミホタル入れる奴やね。


無理やりにでも差別化を図るために出された、あの超大手企業ダイワが出した答えがこれ。
表面にゴルフボールみたいに規則的な凹凸を入れることで、飛距離アップや水かみの向上効果を狙ったらしい。

うーん、15g以上のヘッドつけてしゃくりまくること考えたら、ほとんど凹凸の意味はないと思うよね、普通。

たぶん我々では思いつかないような爆釣れ効果があるんやろ、たぶん。

ヘッドはサクサス四本針を装着

あとはヘッドやね。
キーパーはマルキューのやつににてるね、パワーダートヘッドだっけ?

ヘッドで一番目を引くのはサクサスの四本針を装着してるとこやね。
個人的にはタチウオってだいたいワームの後ろの方、アシストフック付近にフッキングするとこが多いんで、フロントフックって割とどうでもええかなー、って感じなんよね。
サクサスのアシストフック出してくれたら割と売れると思うんやけどどうでっしゃろか。

ああ、あとカラーは最近はやりのストライプ蓄光のやつがラインナップに入ってるね、これはオリジナリティがあるんちゃうやろか。

キミは買うか?俺は買わん

この商品をダイワの公式HPで見た瞬間衝撃を受けたね。

出す時代を3~5年は遅れてるやろと。

ダイワ自体にはワインド用の竿出したりしてワインド自体は認識してたはずやねんけどね。
なぜこのような他者既存商品とたいして変わらんものがダイワから今更出てきたのか、だれがGOを出してしまったのかさっぱりですわ。

あれかな?大阪はタチウオ人気なんで割とどこでもワインド用品がそろってるけど、関東とかでひと花咲かせようって話なのかな?

てか、ダイワは対タチウオに対してセットアッパーがあるやんけ!
あれのタチウオ用カラー出すだけで関西で覇権取れると思うんやけどどないやろな?

気になる人は是非これ買ってインプレしてみてほしいっすね。

(Visited 69 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする