寒い?神戸はライトゲームでホットホットやぞ!

もう年明けて1.5ヶ月たってるの?

常時ウラシマ効果で世間の速さについていけない、どうもワイです。

マジで釣りもの無いんすけど、たまたま土日だけ気温が急上昇。

こいつはチャンスだぜってことで、久々に神戸方面行ってまいりました。

Contents

神戸空港、この手があったか

さて、たまたま日中気温が15度、夜中の風速もおおむね2m以下ってことで、普段行ってねえ所いったろってことで、神戸空港いきませう。

神戸空港もオープン時はガシラ天国やったんすけど2年ほどで狩り尽くされてから数が戻ることもなく。

とはいえ、神戸の沖堤がダメになったんで神戸いうたらここらへんしかないんすよ。

いや、どこいっても釣れなさそうなんで、期待はせんでいきましょう。

ちょうど日没時間の17:30頃に現地入り。

ほぼ無人やと踏んでたんやけど、釣り場の手前は結構混んでおりました。

釣り場の1/3ほどにあるスロープを挟んで奥側はほとんど無人。

もちろんワイは無人の奥に入らせていただくぜ。

目の前には巨大ボラが悠然と泳いでおりました。

こいつは期待値がたけえぜ。

落ちパクでいただきだなあ

さて用意するのはアジチョンヘッドを摸倣した自作ジグヘッドでおま。

こういうのは出来に微妙に素人臭さを混ぜるのがポイント。

完全に良い仕事をしてしまうと、それはもうコピーになっちまうんですわ。

とりあえずキワからやったろ思ってジグヘッドを下すと何か引っかかった様子。

いきなり根掛かりとかテンション下がるわぁと思いきや、親指サイズのガシラがついておりましたわ。

おほぅ、この季節でいきなりボウズ回避でワイのテンションは爆発寸前や。

根、根掛かり地獄や

キワを一通り探ったあとは前向いて投げますわ。

表層中層は捨てて、ボトムをこすりこすり。

当然根掛かりも頻発。

てか、神戸空港小潮やのに割と激流やのな。

1.5gぐらいやと流されてボトムつく頃にはお隣さんの陣地にコンニチワしとるわ。

ちょっと重めのジグヘッドで対応。

これ以上お隣さんに宣戦布告してたら開戦も辞さないぞ。

ボトムを執拗にこすってたら海藻をゲット、乾かして海苔にして売ったろか。

よく見ると根掛かりで切れたPEに海藻が生えとりますわ。

んもー、ボトム攻めるときは太めのメインに(比較的に)細いリーダーで根掛かり対策せなあきまへんで。

根掛かりしてライン切る時ってライン手でもって切れるまで引っ張るか、竿を寝かせてまっすぐ引いて切るもんやと思ってたけど、割と一定数手元で切る派がいてはるみたいやね。

神戸、エモーショナルナイト

神戸の釣り場はね、夜景がきれいなんですわ。

対岸に見えるライトアップされた、なんやろ、なにがライトアップされてるんやろうか。

少年隊の仮面舞踏会やとライトアップされるのはdesire(欲望)やっけ?

いやdesireはwake upの方か?

なーんの反応もないけど、流れは妙にあって釣りずらい状況がワイを現実逃避へと誘う。

高速道路を流れる黄色い水銀灯のように、対岸のライトがワイを眠りに誘う。

寝ぼけ眼で釣りをすると即根掛かり。

さらに根掛かり。

この2連根掛かりはワイの心を折るには十分であった。

あかん、移動や移動。

さらば神戸空港。

次は青物の季節に会おうぜ。

移動先でも根掛かり祭りや

神戸空港から逃げたワイを待っていたのは、また地獄だった。

帰りに道にちょっと竿だし。

ジグヘッドもう5-6個なくしててちょっと泣きそう。

まあ自作なんでほとんどお金かかってないけど、これ市販品やったら1パッケ(=概ね400円ほど)やられてることになるで。

んで根掛かり。

ホンマおそろしい、魚釣りとはシグルイなり。

このままやと破産してしまうので、フィッシングマックスはルアーのサブスクを初めてください、リボ払いで入ります。

風呂入って飯食って終わり

せっかく神戸きたんやし、灘温泉入って帰ろ。

ここの温泉は味はせえへんけど、硫黄の結構本格的なにおいがたまらんぜ。

そういえばHAT神戸のお風呂屋さんの湯はしょっぱかったっけ、またいこうかな。

風呂上がりに松屋のカレーやさんで、彩野菜カレー。

クーポン使用で600円、助かるぜ。

もうね午後10時超えるとあんまりお腹が受け付けないんすよね。

年なんすかね。

ああ、お魚つりたいねえ。

総括

・全然つれねえわ、家で寝てる方がマシやと思います
・神戸空港流れきついっすね、ジグヘッド重め推奨
・どうせ投げても根掛かりするだけやし、人いないならキワ専門狙いのほうがええかも

(Visited 680 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする