クソフィッシングショー2021 シマノ編

えー、続いてシマノの方の商品も見ていきましょうかね。

結構リールそこそこ話題のものが出てるはずやねんけど、どうにもいまいち盛り上がってないんはweb発表やったからかな?

去年か一昨年か覚えてないけど、ミラクルジムがロッドのスコーピオンを青いワールドシャウラと同じやでって言ってた時がかなり熱かった覚えがあるな。

スピニングリール

エクスセンス

おー、あのシーバス用スピニングリールがモデルチェンジっすか。

鈍く光る艶消しの黒が渋いっすよね。

元モデルはツインパワーやろうね、形的に。

重量もかなり軽く、3000番で195gですって、すごいわね。

ただちょっとお値段が定価6万円とハイエンドに近くなってくるんで、そうなるといっそステラ買った方が、って選択肢でてきちゃうよね。

個人的にはもうちょいお安くしてもらえないと手が出ないっすよ、ひええ。

アルテグラ

個人的には新しいアルテグラが今回の中で一番の目玉かな。

前モデルから引き続きコアソリッドシリーズなんね。

で、やっとこさベールがワンピースベールにもどったんやね、おめでとう。

定価は1.6万ほどなんで、超安売り40%引きになったら一万円切りそうやね、がんばろう。

マイクロモジュールギア2やワンピースベールを筆頭に各種上位機種の技術おしげもなく投入されてるみたいっすな。

流石にストラディック以上とはいかんけど、順当な位置の順当な機種になったと思いますわ。

しっかし、今となっては2500番以上になると重さが目立ちますな。

あと、アルテグラがモデルチェンジしたってことは、来年あたりにエクスセンスBBとかのBBシリーズもモデルチェンジするんちゃうかな?そっちの方が注目度高いかもしらんね。

ベイトリール

カルカッタコンクエスト

タイコリールの上位機種のカルカッタコンクエストやね。

えー、個人的にこういったノスタルジックなデザインってあんまし好きくないんすよ。

なんでか自分自身で分析した所、どうもワイは道具はおもちゃ感がないとダメって感性を持ってるみたいですわ。

なんで、このような質感バリバリの高級品はちょっと受け付けないんすよ、価格的にも。

どうでもええんやけど、丸型リールってパーミングしにくいんやけど、握るのにコツとかあるんかね?

アンタレスDC

個人的に完全にノーチェックだったアンタレスDC。

なんと海水OKになった、びっくり。

淡水→アンタレスDC、海水→エクスセンスで完全にすみわけしてたと思うんやけど、なぜか今回のアンタレスDCは海水OKらしい。

どうも淡水専用だったのはボディの塗装面の問題やったらしくて、今回問題がクリアできたんで海水もOKになったらしい。

ブレーキのセッティングもアップグレードされてるみたいで、正直値段以外悪い所無さげな感じよね。

うおおん、超ほしいんで給付金お替りはよ。

スコーピオンDC

割とマジでいいたいんやけど、なんで赤じゃないの?

シリーズとしてスコーピオン展開するつもりないんやったらいっそ別の名前付ければええのにね。

ミラクルジム曰く、ブレーキセッティングは全モデルの初心者向けのものに比べて、今回は中-上級向けの攻めたセッティングになってるとのこと。

ええやん、スコーピオンなんて背伸びしたい中学生か、90年代に赤メタ使ってたおっさんくらいしか使わんねんから、初心者なんて切り捨てでええねん。

お値段は3.7万円なんで、市場価格3.2万ほどやろうか。

マイクロモジュールギア+DCで悪かろうはずも無いわな。

SLX BFS

シマノで久々のベイトフィネス機が出てきたわね。

小径32mmフィネススプール+マグネットブレーキの組み合わせ。

え?タトゥーラSVにフィネススプール入れたやつとどっちがええかって?

個人的にはフィネスはSVで間違いないと思っております、はい。

マイクロモジュールギアが入ってたらやばかったけど、この価格帯なら入らんわな。

こいつにマイクロモジュールギア入れたスコーピオンBFS作ろうぜ。

スコーピオンMD

今回注目度ナンバー1のイカれリール、それがスコーピオンMD。

スプール径、43mm、ギャグじゃないよね。

ブレーキは昔からのSVSで8ピンバージョン、やべえね。

シマノがミラクルジムの言う通りに作りましたって感じがしてええんじゃないっすかね。

出来る事、出来ない事、はっきりしたリールやと思うんで、会う人、会うシチュエーションならええんやとおもうんやけど、そんな需要あるのかな?

竿

ムーンショット

シーバス用ロッドの入門モデルのムーンショットのRが抜けてただのムーンショットになっちまった。

前は青いブランクやったと思うけど、黒になったんやね。

流石にこの価格帯やと上位機種ほどの軽量とはいかんけど、一通り長さ・硬さがそろっており用途で選べるのがええね。

特に10fを越えるのが2機種あるのは入門モデルの割に攻めた感じっすね。

シマノはたしか、30gあたりのジグを投げるスーパーライトショアジギング専用のロッドは無かったと思うんで、そこら辺をカバーする意味で、シーバスモデル展開してるんやろうかね。

コルトスナイパーSS

三度の飯よりテレスコ好きなワイです。

かつてブラックバスやってた時は、2ピース持ってても、ずっと安いテレスコの竿を使いつぶしてきたんすよ。

ポジション的には、BBより上、XRより下って感じがSSなんやろか。

で、シマノのショアジギロッドの中では唯一のテレスコモデル、やったぜ。

流石にお高いロッドらしく、遊動ガイドを固定するのも考慮されており、なかなかよさげ。

2モデルでるみたいやけど、MAXウェイトは両方60gまでなんで、変に流れが速い所とかじゃなければ、おかっぱりからちょっと楽しむには十分なスペック。

価格は3.1万なんで、店頭やと2.5-2.8万ほどかな。

テレスコなんで糸通したまま仕舞えるので、本命釣りの傍ら、ナブラが立ったら即ジグ投げるってことができるので、サブ使いによろしいんじゃないっすかね。

うーん、割とほしくなってきたから給付金おかわりはよ。

(Visited 839 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. K より:

    アルテグラうれしいわ
    確かにいまとなっては重たく感じるけど、贅沢な悩みでんな
    やっと入門者に自信をもっておすすめ出来るだけ価格と性能を兼ね備えたリールができた
    ただし、ワイみたいなコミュ障におすすめリール聞いてくる人なんておらんのが課題でんな、SHIMANOさん

    • gsx250fx より:

      アルテグラも名前は長い事あるねえ。
      一昔前は2500番台で220グラムで軽量の部類やったんやけど、今やアンダー200の世界でんな。

      聞いてくる人がいなければ、こっちから出向いてやろうぜ。