尼崎で釣るタチウオはミュータントベイトの臭いがする

いやー、めっきり冷え込んで釣りに行く足も遠のいてきますな。

どうも、ワイです。

さて、今年も12月半ばってことで、年明けて本格的に冷え込んでくる前にまだ沖合に産卵にいってないシーバスをしばいたろ思いまして、神戸方面にいきましたんや。

目指すは深江浜水路

神戸もねー、今年は釣り禁やらなんやら、いまいちぱっとしない感じでしたな。

深江浜市場裏は風が出るとほんまに寒くて懐だけでなく心も冷え込んでいくんで、同じ深江浜でも水路の方に行くことに。

どうせ日中釣れんやろと踏んで日没直前の16:30頃に、現地INや。

無人の中、VJを打ち込んでいくぜ

この日は係留されている船が少なくてキャストできる面積が多かったですな。

サンキュー深江浜の漁師さんたち。

ってかこういうところに止められている船って何の目的の何に使用される船なんやろね?
漁船ではなさそうやし、遊覧船でもねえし。
北の朝鮮とかの密航する船かな?

ベイトが分からないときはVJ、これ。

シルエットはすっきり細身で10cmほどの長さは湾奥ゲームのほとんどにフィクスする、すばらしいね。

10m歩いては左45度、右45度と打ち込んでいく、勝利のVサインや。

しっかし、ここもバチ抜け時期以外はほとんど人見たことねえなあ。
相変わらずの無人や。

一級ポイントの橋脚回りは不発や

打ち込んでいった末、橋脚にたどり着いた、ここはボウズマン達のオアシス。
教科書通りの明暗、橋脚の流れのヨレがたまりませんな。

VJ?うんともすんともいわんかったわ、こりゃあかん。

ちなみにここら辺でフィッシングマックスのアミエビの空き袋見たんやけど、こんな所でサビキする人おるんか?

セットアッパーでさらに広く探ったれ

あまりのアタリの無さに頭が狂いそうや。

そういえば今年VJあんまり活躍してねえなあ。
去年はめっちゃつれたんすよ、ほんまに。

今年まだ調子のええセットアッパーに変えて折り返していくぜ。

折り返しでセットアッパーも不発、良し!

こんなションベン臭い釣り場なんて懲り懲りや!
ワイは移動するで!

深江浜の市場裏もダメなの?

水路からすぐ近くの市場裏を覗いていくことに。

おお、流石にここらへんやと人おりますな、電気ウキが元気に流れておりますわ。

竿だしできなくもねえけど、絨毯爆撃できないほどの人の入りっていえばええかな?

ちょうど竿4本ほど出してる人おったので調子を確認することに。

・・・・・。

よし、マヅメからアタリ一切無しとのこと。

ここもションベン臭い釣り場や、ワイは移動する!

尼崎の湾奥は常にションベン臭い

神戸から移動して天保山に行くつもりやったワイは、阪神高速の光にあてられて思わず竿だしする自体に。

しかし工場地帯なだけあって、この独特の臭いな。
海特有のプランクトンが死んだ臭いやアミエビが腐った臭いでなく、工場の錆臭いケミカル臭がワイをその気にさせる。

電気ウキが何ぼか浮かんでるけど、流石にタチウオじゃねえだろ、チヌ狙いかハネかな?

ルアーを通せないほどの浅い所をチロっとライトで照らしてみると、小さいキビレが戯れておったわ。

なるほど、居つきのキビレはまだ居てそうか。
VJでボトム付近をねろたろ。

VJ、おまえどうしたんや?

VJ全然アタリねえのな、もうあかんわ二軍落ちや。

阪神高速を袂に移動したら、何やら水面がざわついておる。

こりゃシーバスいただきやとありもしない第六感がささやきかける。

あんまり場を荒らしたくなかったのでワンダー80で様子を見ることに。

とたんやたらと細かいアタリがでることでること。
たぶんベイトがつついてきてるみたいやな。

なんどかキャストしたらベイトが引っかかりおって釣れてしまったわい。

どうも、ベイトさんやで。
ありがてえことに、ワイはこれでボウズ回避ですわ、むはは。

これマイワシなんかな?
マイワシやったら黒い点々ついてるよな?

さっぱりわからんわ。
たぶん尼崎の海で生まれた新種のミュータントやろ。

大きさは12cm~15cmほどあったわ。
ワンダ-80より1,2周り大きいね。

おっさんタチウオ入れ食ってるやんけ

ミュータントベイトと戯れるのも飽きたので、さらに打ち込んでいくことに。

すると浮き釣りしているおっさんおって、浮きが沈んどるやん。

お、チヌ釣れたか?って思ったらタチウオ釣れてやんの。

アジの泳がせでやってるみたいで、ほぼ入れ食いでワイが見てるだけで5本ほど揚げとったわ、やるじゃん。

おっさん見とけよ、ワイのセットアッパーを

俄然やる気が出たワイ。

さっきのミュータントベイトがメインベイトやとルアーの大きさは12cmは欲しいな。
さらにおっさんの浮き釣りを見てるとタナは2ヒロほどや。

よし、こりゃセットアッパーが最適解やろってことでセットアッパーをセットアップ。

キャストを繰り返すもアタリはでず。

いや、おっさんは依然として釣ってるから、居てるのは居てるはずやと信じてセットアッパーをセットアップし続ける。

なんどおっさんがタチウオを釣りあげているのを横目にキャストを繰り返したことだろう。

回数を数えるのも忘れたあたりで、ガコン!グリグリと特有のアタリ。

これこれこれ、この感触や。

ちゅうわけで揚がってきたのは指3.5本のタチウオや。

尻尾は切れてなかったけど、体は傷だらけやったな。
ワイのセットアッパーから逃れれると思たか?甘いんや!

さて、シーバス狙いのワイは今回はクーラーボックス持ってきてなかったのスーパーの袋に入れて持って帰ることに。

この時点で21:30ほどになっており、ワイの集中力も程よく途切れたんで帰ることにしたわ。

帰る前に、釣り場のケミカル臭を何とかしたく、立ちションしときました。

総括

・寒さは風の有無でだいぶ変わるんで、風が無い所探すのも一興や。
・ほんとどこもベイトっ気ないっすな
・タチウオもシーズン終了を感じる、クリスマス越えて釣れたらまだええほうちゃうか
・ベイト観察大事
・困ったときのセットアッパー、ありがとうダイワ

釣れたルアー

セットアッパーのサイズ125のやつ、太刀魚にはこれ。

メタルジグ並みの飛距離に潜航レンジ3~5mとタチウオのために生まれたルアーであるのは明白である。

問題は価格でありましてな、市場価格1800円ほどなんで、ロストすると割とガチでへこむルアーでんな。

とりあえずタチウオやるならもっときなはれ。

(Visited 250 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする