兵庫突堤でタチウオ狙い、でサバ

どうも、ワイでおま。

まだまだ暑いながらもピークは過ぎたみたいで、夏の終わりを感じる今日この頃、皆様はいかがお過ごしですか?

ワイはニッチもサッチもいかん状況ですが、懲りずにタチウオ狙いに兵庫突堤いってきましたわ。

毎年8月半ばに神戸界隈では夏のタチウオが釣れる時期がありまして、それが終わると9月のハイシーズンに突入って感じなんすよね。

今年こそ、ワイが神戸タチウオ一番乗りを名乗りあげるために、今日も下界をパトロール。

兵庫突堤はまだ混雑してへんね

この日は潮が若潮とかなんだかで、全然流れねえ潮やったんすよ。

どうせ人もすくねえと見込んでいつもは混雑する兵庫突堤に突撃や。
夕マヅメのルアーから晩の浮き釣りも視野に入れて15:00頃現地着。

到着してすぐ、アミエビが発行した臭いが鼻を衝く。
これよ、これ、この臭いが俺をその気にさせる。

サビキファミリー達が大部分を占めるも、流石にこの時期この時間なため場所はまだ選べる感じでした、助かるなあ。

その代わりか、水際には土嚢が敷き詰められておりましたわ。
詳細は分からんですが、たぶん直近の台風の時に置いたんじゃねえかなと思います。
去年の台風のゴミすごかったもんね。

この土嚢、砂が敷き詰められてて、たぶん一袋1t超える重量じゃねえのかな?
力試しで持ち上げようとしたけどびくともしねえ!
おらワクワクしてきたぞ!

サバサバサバ

さて、釣り場についてみなさんは何から始めますか?

ワイはだいたいこの時期ならジグサビキでベイト調査&一発大物狙いですわ。

ちゅうわけで、前回ポーアイ北公園で拾ったメタルジグに投げサビキ仕掛けを付けてしゃくり開始。

開始と同時にふわっとしたアタリ。
水面まで持ってくるとどうにも横に走りだす。
走り出すのはバイクを盗んだ16の夜だけにしとくんなはれ。

はい、この時期定番のサバ。
フィッシュグリップでなんとか持ってるけど、この鬼バイブレーションは半端やないで!

その後も続くサバラッシュ。

サビキ部分にサバ。

こいつもサビキ部分にサバ。

サb・・・じゃなくてボラの子?

写真には取ってないけど10前後はサバが続いておりましたわ。
やつら陸に上がってからの方が元気いっぱいに暴れやがる。

今回も処理がめんどくせえので全員お帰り願いましたわ。

マヅメこそワインドやぞ

サバたちの熱烈歓迎を受けてる間にも時は過ぎ、夕暮れマジか。

雨も降ったりやんだりですわ。

ここいらでワインドでばちこんいわしたろか!
カラーはいつものピンクにジグヘッド15g、うーんスタンダード。

はい、2hほどしゃくり倒しましたが全くのノーヒットノー感。
流石にこれではワイも心が折れるよ。

近くに家族連れがサビキに入っていらしたので、おいらずっと立ちションできずに膀胱パンパンですわ。

浮き釣りでもサバ

ワインドで腕を破壊されたワイは、浮き釣りに縋ったんや。

いつもの電気ウキにサンマの短冊を挿してフルキャスト。

この日は潮の流れもそんなにないので投げなおしも少な目。

時折電気ウキが止まったと思ったらひょっこり落ちて横に走る。
ああ、これはあいつ特有のアレやな

サバ。
晩になっても君は帰らんのかね。

この時間帯になって雨は本格的に降ったりやんだり。
車に入ったり出たりで結構大変。

時折通り過ぎる豪華客船に心が弾む。
明るい時間帯に通り過ぎた時、乗ってる人たちがこっちをみてたけど全然手を振ってくれなかったなあ。
たぶんサファリパークとかで珍獣をまじかに見た時のような感覚なんやろうね。

どうでもええけどワイはディズニーランド行ったことありませんねん。
それはワイ自身が夢の国の住人やから。
毎日エレクトリカルパレードでワイのビックサンダーマウンテンもスプラッシュマウンテンですわ。

もう餌ないんで勘弁してくだせえ

サバたちの猛攻は続く。

野生むき出しの容赦なきバイトはエサのサンマすらボロボロに朽ち果てさせる。

この日持ってきたサンマの切り身10切れはすべてサバに完膚なきまでに叩きのめされた。

今更ルアーをやる気もでなかったし、雨もひどくなってきたので納竿としましたわ。

今回はこの兵庫Nって看板の出てるところで釣りしたわい。
なんか倉庫を立ててるぽくて17:00くらいまでは作業してはったな。

この日も神戸の街並みは美しく、ワイの汚れきった心を浮き彫りにさせる。

総括

・サバはほんまに糞
・日中も晩もサバ祭り
・タチウオは去年に比べてもうちょい遅いんやないかな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする