深江浜で寒さを物ともしない男たちのタチウオ狙い

どうもわいです。

晩の気温が一桁となり、完全に冬モードに突入しましたが、みなさんいかがお過ごしですか?

冷え切ったワイの心を温めてくれるのはタチウオの締め込みと電気毛布だけですわ。

そんな冷えた心の男が釣りにいったんで聞いてやってくれよ。

僕は餌を消費したかっただけなんだ

過去にサンマの短冊切りをタッパーに入れて放置してたんやけど、全然へらねえんで、ここらで一発大量消費を夢見て深江浜に出撃したんや。

行き場所はきまったんはええんやけど、この時期ルミナリエに集るハエのごときアベックたちのために車が渋滞することを事前に予測した先見の明があるワイは13:30出発で15:00着に成功したんや。

ルミナリエ言うても混むの三宮周辺だけってわけですかな?

釣り場は風がすげえっすわ

釣り場到着してびっくり、風がえげつなくてですね、若干やっちまいましたかな。

日が落ちて風がやむこともあるし、そこらへんは緩くやっていきましょうや。

ってわけでジグサビキで調査開始や。

ベイトはイワシやね、カタクチ

足元目視で見えてたんすけど、この日もイワシがメインベイトっぽいっすわ。

大量にキワを通り過ぎていきましてな、まるで満員電車に揺られるサラリーマンを見てるようで涙がこぼれ落ちました。嘘やけど。

ジグサビキで釣れたのはこのイワシキッズだけ、また心が冷えるよ。

マヅメはワインド勝負

日が落ちる深江浜、うーん絵になるなあ。

この時間あたりでワインドと餌のウキ釣りの二刀流ですわ。

結構釣り場でウキとルアーの両方やってるひと見たことないな、流行ってないんかな。

途中パールホワイトカラーで一回当たりあったんすけど、すっぽ抜けでしたわ。

あれ噛んだだけでフックアップしてなかったんやろうな。

日が落ちてもウキに反応なし

この日は大潮でさ、風が日が落ちてもやまずで、ウキが流されっぱなしよ。

こういう時サンマ餌やと身持ちがええんで打ち返しが楽でよろしいですな。

日が落ちてからはウキ釣りメインでやってたけど、隣のルアーマンが一匹揚げたの確認したら、もう一回ルアーロッドを手にしたワイ。

偽VJでスローただ巻きで一撃よ

ワインドもしんどいし、ここらで前に自作したVJのバッタもんを投入。

底から巻き上げるも反応なし。

めんどくさくなって着水即巻きでだいたい水面から2mくらいをトレースできるんやけど、そんな感じでゆっくり巻いてたら明確なアタリ。

完全に日が落ちてからの一匹、指3.5サイズかな。

時間は確認したら18:30か、日没が17:00なんで日が落ちてから1.5h後か、普通なら餌釣りの時間やね。

なんにせよ一匹確保や、むほほ。

その後は周りも完全に沈黙

こういう状況なんで、二匹もを狙うも全くアタリのない時間が続くわけです。

完全に餌釣りの方にシフトしても、なにせ風がね。

寒さと風のダブルパンチで20:00で納竿しましたわ。

風さえなければ日が変わるくらいまでは粘るつもりが、くそう。

総括

・もう寒い、次の春まで竿置いてもええかも。

・神戸周辺のメインベイトはカタクチイワシ、大きさは10センチほど、サヨリはおらん。

・やっぱりアルカリは偉大やなって思いました、割とマジで。

(Visited 33 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする