深江浜でタチウオ餌釣りやぞ

どうも、ワイです。

晩の冷え込みがボチボチ本気で辛くなってきましたな。

もう今年もあと何度か行ったらタチウオも終わりやと思うとさみしいもんですわ。

ちゅうわけで、深江浜でタチウオやってきました。

昼から深江浜に出撃

今回は夏(台風の時期やったかな?)にこうたアミエビを消費するために、ちょっと早めに出発や。

14:30に現地着やったかな。

流石にこの時間やから場所は選び放題やね、周りもサビキファミリーと常連のじいさんくらいしかおらんわ。

適当な場所に入って様子見がてらサビキ開始や!

アジ根こそぎやったるからな、待ってろよ!

サビキはサバ祭り

もうね、サバばっかり。

割とええサイズで25~30cmくらいはあったで。

ボコボコに釣れて2連も何回かあったな。

こんくらいのサイズで2連ともなると引きがすごくて大物とまちがっちゃうやんか!

足元には10センチほどのカタクチの群れが沸いてたのに全然かからねえの。

本命のアジは全くかからず。

周りのファミリーにはポツポツアジあたってたから、餌が悪いんやろな、アミ姫はクソやな。

アミ姫全消費でサバ10ほどやったかな、サビキも最後はぐしゃぐしゃや!

ほんまサバはクソ野郎やで!

マヅメ突入でワインド開始

サバでボコボコにされた心を奮い立たせて、ワイはワインドを始めるんや。

ワイの冷え切った心を温めてくれるのは太刀魚の締め込みだけや!

と、勇んでワインド始めるもマヅメはやっぱりアタリナッシング。

周りも当たってる感じはなく、つれててもジグにサバばっかりやったね。

やっとこさワインドで一本

みんなはワインドのワームの色のローテどないしてる?

ワイはピンク・ピンク・ピンクのピンク狂や!

少なくとも夕マヅメ、肉眼で新聞の字が読めるまではピンクを押し通して、完全に真っ暗になってからほかの色ローテ始めるマンやねん。

今回も同じようにして、夕方まったくアタリ無しで、暗くなってからホワイトパールにしたら、アタリ一発指3本半や、むはは。

その後2匹目を狙うがどないもこないもアタリナス、厳しいっすわ。

餌で足元狙い

ワインドには反応が無くなって餌釣り開始や。

今回もサンマの短冊でウキウキフィッシングですわ、むはは。

電気ウキを優雅に眺めるワイ、う~ん絵になるな。

ふと足元を見ると何やらカタクチの群れに交じって、細長い魚体が浮き上がっとる。

こりゃ太刀魚やと思い、ワインド用のルアーロッドにケミホタル・錘・オフセットフック付けただけの簡易ぶっこみ仕掛けを用意。

サンマつけて足元垂らしてたら

むはは、この通りや!

特に投光器とかなくても通りすがりを拾うだけなら足元でもいけるんやな。

そもそもタチウオが足元の水面近くまできてるって事実に驚愕ですわ。

その後二匹目掛ったけど、抜き上げ失敗でリリースや、海の資源は大切にせなあかん!

浮き釣りはアタリ多いがすっぽ抜けばっかり

足元が落ち着いたあたりから、浮きにアタリが出だしたかな。

時間的に19:30頃からやったかな?

サンマの身持ちの良さもあるけど、一流し一アタリくらいにはアタリはあったで。

そんかわり、全然針掛かりしねえのな!

ウキ沈んで10秒で合わせるってのがワイのセオリーやったけど、まったくやったね。

10秒以上沈んで、横に走ったのを確認して合わせてもすっぽ抜けとかザラですわ!

もう何を信じていいかわからんね。

この時期はオマツリしないなら1分くらいまってもええかも

隣の人みたら、確かに沈んでから1分くらい待ってたぽいんで、マネさせてもらいますわ、むはは。

確かに10秒越えても口から離すこと多いから、しっかり待たんとあかんね。

ちゅうわけで、1分待ちメソッドを完成させ、2本追加ですわ。

ああ、あと絡まん棒をセットしたらほんとにトラブル減って快適に釣りできたわ。

見本で掛れてる仕掛けに不要なもんなんてなかったんやね。

総括

・サバクソ野郎

・アミ姫はサバばっかり釣れる

・ルアーのカラーローテ大事、めんどいけど豆にやろう

・太刀魚足元でも来ることある、一本捨てサオして足元ねろたろ

・浮きはアタリあって10秒で抜けるなら1分待とうぜ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする