流石に台風直後は厳しいわ

どうも、ワイです。

今回台風直後ってわけで、神戸方面に出撃しました。

狙うのはタチウオですが、まあ釣れなかったわけですわ。

まずは深江浜で様子見

目当てのポーアイ北公園行く前に、深江浜で様子見していくことに。

時間的には昼めし食って家でたんで14:00くらいやったかな。

で、深江浜着いたけど、まあひどいね。

水は完全にマッディ。

来る途中に見た淀川とか、誇張抜きで完全にカフェオレ色やったけど、こちらも大概やったわ。

様子見がてら岸ジギやってみるも、反応なし。

大潮の干潮付近やったから、水深もあんまり足りてなかったみたい。

岸ジギってあんまし時間・潮を気にしなくていいってイメージあったけど、水深が浅い場所は潮くらいは気にした方がええかもね。

逆に水深しっかり確保できるような釣り場(特に沖堤とか)はいつでもどうぞって感じやね。

そして北公園に転戦

暑いし心折れたワイは、北公園に癒しを求めたんや。

途中六甲アイランド寄ろうと思ったけど、通り過ぎちゃったわ。

で、ポーアイ北公園な、やっぱり車すくねえな!

夏の昼間ってことと、台風直下ってことで人は少な目な感じ。

こんな感じで、釣り場は抜群に空いていて快適ですわ。

とりあえず岸ジギ

時間的に太刀魚狙うのも早い時間やったから、とりあえず岸ジギでお茶を濁す。

今回土曜日やったんやけど、いつも係留されている船が係留されてなかったんよね。

北公園の岸ジギで、どこが釣れるって係留されてる船の横の隙間が一番つれるんだよ。

ほんと船は我々釣り人に考慮して常に係留していてくれよ?

ジグサビキでタチウオ狙いつつ青物も

さて、岸ジギでボウズくらったワイは、気を取り直して西波止に移動。

タチウオ狙いの北公園は、やっぱ西波止やで!

ってわけで西波止で30gのジグにサビキつけてジグサビキ始めたんよ。

あ、こっち来た時に

これ、フェンスってか手すりってか、台風の影響やと思うけど、思いっきなぎ倒されてたわ。

台風怖いぜ!

小物でボウズ回避するも

さて、真夏日の中、しゃくりしゃくり。

やることは底まで落としてワンピッチジャーク、基本やね。

てことをやってると、アジとサバがコンニチワ。

特にサバは22,3センチほどやったかな?

一瞬ドラグが出てビビるわ。

マヅメまで粘るも反応なし

さてその後夕暮れの17:30くらいまでは頑張ったのかな?

ぜんぜん反応ないんでやんの。

マヅメはワインドやってみたけど、まあさっぱりやね。

久々にケミホタル付けたんが新鮮でした。

あ、周りも釣れてなかったで。

特に大潮でマヅメちょい前位から潮の流れ激しくて、すっごいながされるんだよね、ここ。

お隣の邪魔するのもあれやし、さっさと退散したわ。

天保山で延長戦

いまいち食いたらなかったので、天保山に寄ってった。

場所はいつもの赤レンガ裏や。

人はやはり皆無、すばらしいね。

反応あるも乗らず

完全に日が落ちてたんで、シンペンで流れに乗せて流す作戦でいくで。

ってかワイシンペン以外、相性あんまりくさいんだよね。

とりあえずで使ったのはトライデント100、重心移動するから飛距離抜群やね、すばらしい。

で、そのトライデントにコツンと反応あり。

すっごいしょぼい当たりで全然フッキングしねえでやんの。

その後全部で3回ほど反応あったかな?全部フッキングまで至らんかったわ。

トラインデント以外にはワンダー80とフィール120つかったけど、反応あったのはトライデント100だけやったな。

ベイトのサイズが今10センチ前後やからかな?

マッチザベイトは本当やったんやね、びっくり。

総括

・タチウオは9月中旬まで待ってもええんでない?

・あと北公園の大潮は流れ早いので浮き釣りマンが湧きだしたら他所を検討した方が無難やね。

・天保山湾奥は結構安定してるかも。

(Visited 87 times, 2 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする