小島漁港でアジング後、貝塚でタコ

どうも、わいです。

今回小島漁港&貝塚にいってきやした。

なかなかヘビーなスケジュールでしたが、貧相な釣果でげっそりですわ。

仕事終わって小島漁港へ

今回友達の誘いもあって、小島漁港にいきやした。

金曜の仕事終わり後からっちうことで、現地21時集合でいきやした。

仕事18時に切り上げたんすけど、帰宅後飯やら風呂やらで出るの遅れて到着21:30になりましたわ、すまねえ。

漁港内はベイトっ気ムンムン

で、小島漁港到着。

漁港内は常夜灯もついてて快適&魚寄ってきてますね。

なんかリニューアルしたんか、こぎれいなトイレとかできてましたわ。

で、気になる水面ですが、常夜灯の下で小魚が乱舞してましたわ。

たぶんカタクチイワシやろうかな。

カタクチイワシの下には何やら大きい魚が揺らめいてましたが、捕食しようって感じもなし。

使用タックル

ロッド:ラテオパイレーツ86L

リール:ダイワ2000番

ライン:PE0.6+リーダーナイロン2号(3.5ノット)

これにシャロフリフローティングの10.5にハヤブサアジチョンヘッド1.2g

あとは、シャローフリーク10.5(フローティング)に、ワームはマルキューの活アジストレートですわ。


ここらへんね。

初シャロフリ

で、今回アジ狙いやったんやけど、シャロフリええね!

フローティング10.5gやから、飛距離ばっちりやし、何よりレンジキープできるのがええね。

何気にジグヘッドを完全にレンジキープして引いてくるのってすごく難しくて、ってかワイは正直無理でしてね。

底とって巻き上げてくるバイブレーション形式でしか、よう扱えないんすよね。

あと、意外とライントラブルはなかったですわ。

辛うじて移動中に絡まったりしたけど、実釣中には一切なし。

これは画期的やね、気に入りました。

肝心のアジは釣れず

で、シャロフリでブイブイ言わせ取ったら、15cmほどですかね、サバがかかりましたわ。

15cmとはいえ、上がってきてからの振動すごいよね、サバ。

激しいバイブレーションで白蝋病なるかおもわたわ!

あとは、手前をテクトロでミニガシラを追加。

レンジキープ楽やからテクトロもらくちんやね。

その後釣れず

あとは全く釣れませんでしたわ。

ただ、アタリ自体はほぼ毎キャストにあったんで、対象が小さかった(たぶん10cm以下)でしょうな。

針小さくしたら行けたかもやけど、めんどいのでそのまま。

時間にして12:30くらいまでやりましたが、そのまま納竿ですわ。

釣れないので

星撮ったり

漁港のネコ撮ったりしてました。

そして貝塚転戦

時間的に21:30-24:30の3hの釣行やったんで、若干食い足りなくて、帰りがてら貝塚寄ることに。

途中りんくうのコンビニで仮眠とって、貝塚人工島のイオン裏に、夜明け前に入ることに。

日の出が5:00なんで4:30頃釣り場到着。

現地は流石に人少ないね。

何台か車一緒に入ってきたけど、みんな人工島のベランダかテトラ行きみたい。

そら青物ねらいますわな!

開始1時間程で1匹

釣り場はほとんど貸し切りだったんで、広々使わせてもらうことに。

ワンキャストして5mほど横にスライドを繰り返してランガン。

だいたい一通り通した所で、根掛りのような重さ。

そのまま強引に巻き上げて、とりあえず一匹

そこそこな大きさだったので、この写真撮った後、職種を手に絡まされて若干半泣きになった。

そうそうに引き上げ

釣った直後あたりかな、日も出てきて、船とかも行き来しだしたんよ。

流石に前日からのしんどさもあって、気温上がる前に引き上げましたわ。

流石に粘るほど若くねえんだ、すまねえ。

(Visited 46 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする