まだ辛うじてバチパターンは通じるかな

どうも、わいです。

梅雨に入ったんで、休日が晴れとは限らないんで、いっそ平日に行ったれってことで、大潮を狙って釣り行きやした。

時間にして20~22時までの2時間。

満潮は19:30頃だったので下げで潮が流れ出したあたりで釣り開始でんな。

場所はいつもの天保山、観覧車がライトアップされてキレイですわ。

んで、ポイントについたらいつもの場所が人入ってたので、残った場所をキャスト&歩きで広く探りましたわ。

水面にはバチは、んー、超少量おったかなー。

ほんと一匹二匹レベルやね。

で、どうもやみくもに探っても釣れねえなと。

バチ抜け全盛期の時期はどこ投げても反応あったけど、バチの抜けが落ち着きだすと、とたんに場所絞らんとアタリなくなりますな。

21時ごろですかね、バチは確認できませんが、ボイル音がぼちぼちしてきたので、音のあった当たりにフィール120を送り込んでやります。

リトリーブは超スローで行きます、タフな時はスローであればスローなだけよさげやと思います。

んで、音のあったあたりで一匹ヒット。

タモ枠が45なんで50はあるやろ、たぶん。

そのまま続けるもあたりはあるけど乗らないのが続きます。

どうもこうなると引き出しの少なさが露呈しますな。

この時期あんまり足元って狙ったことねえなあ、とふと思いつき、足元をテクトロの要領で探っていきます。

で、なんかゴミでも引っ掛けたか?と思うと強烈な引き。

おおボラか?と思って強引に寄せるとシーバスですわ。

水面まで一度上がってきてから長かったなー。

結構軽く手前まで寄ってきたんで、サイズは30ほどと思ってたら魚体見てびっくり50は超えそうな感じ。

そっから一気に底に向かって走りだしたわけですわ。

わい今年はリーダーはめんどくてFGノットやめて、3.5ノットで組んでましてん。

無理でけへんですよね。

そっから一進一退で、時間かけて弱らせて、なんとかネットイン。

約60ほどのサイズで、超満足ですわ。

ほんま70とか80とか平気で揚げてる人達すごいよね、わいこのサイズでいっぱいいっぱいですわ。

で、その後は全く反応なくなったんで帰りましたとさ。

さて、現在の状況ですけど、まだ辛うじてバチパターンで釣れますよ。

水面にはバチ少量ですが、まだ水中でいくらかいてるみたい。

今回釣れた二匹も口の中チェックしたら、ほんと少量(1,2匹程)やけどバチ食ってたので、まだバチれると思いますわ。

しかしバチの抜け具合は急激に落ちて行ってるので、まあ今の大潮終わったらひと段落かなって思いますわ。

さて、ぼちぼちタコの用意でもしていきますかね。

(Visited 10 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする